<< 安楽亭のワンコインランチ | ◇ | 磯沼ミルクファームの行き方 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2008年07月30日(水) ◇ 路線検索で、一番安い経路を知る方法 (考えたこと)

 乗換案内、路線案内、路線検索、そんなインターネット上の無料サービスがあるのをご存知かと思います。
 出発地と到着地を入力すれば、どういう経路で電車を乗り換えていけばいいかがわかるサービスです。
 その電車乗換経路検索サービスは、インターネット上で何種類もあり、それぞれ違いがあります。この記事では、各サイトの電車乗換経路検索サービスについて調べたことを書いておきます。

 比較したのは、@nifty、ジョルダン、Yahoo、グーグルの電車乗換経路検索サービスです。

<路線検索で、一番安い経路を知るには>
■結論
 @nifty路線検索が、「時間順」と「料金順」をワンクリックで切り替えられ、便利です。

 @nifty路線検索と、ジョルダン乗換案内は、表示順で、「時間順」、「料金順」、「乗換回数順」が選べます。
 さらに、@nifty路線検索では、「時間順」と「料金順」をワンクリックで切り替えられます。
 yahoo路線情報と、グーグル乗換案内は、「料金順」で表示することができません。そのため、一番安い経路を表示できないことがあります。

■検証
 「京王八王子~横浜」間で、4サイトとも検索してみました。
 この区間で一番安い経路は、京王線で明大前まで行き、井の頭線に乗換え、渋谷から東横線で横浜に行くという経路(610円)です。
 八王子駅まで徒歩で歩き、JR横浜線で横浜駅に行くという経路(690円)と比べて、渋谷経由ルートは距離も時間もかかりますが、80円安い経路なのです。
 @niftyと、ジョルダンは、京王線利用渋谷経由の経路を表示できましたが、Yahooとグーグルでは、JR横浜線経由のルートが表示され、京王線利用渋谷経由の経路は表示されません。

 ちなみに、「八王子~横浜」間の検索をしたら、4サイトとも、横浜線利用のルートが表示されます。つまり、もよりの私鉄の駅(京王八王子駅)まで歩いて、そこから検索をするアルゴリズムで表示されません。
 ここからわかることは、最も安いルートを検索する時は、自分の最寄の駅で、私鉄とJRの駅があって、ちょっと離れてるけど、自宅からどちらにも行ける場合は、両方を出発駅に入れて、「料金順」で検索しないと「料金順」で最も安いルートを探す場合に漏れが生じるという事です。

■感想
 横浜線の「八王子~横浜」料金高すぎという気もします。だから、こんな遠回りの渋谷経由ルートの方が高くなっちゃう訳で、JRには運賃を下げてもらいたいなと思いました。

 あと、最寄に安い私鉄の駅があったら、都心の駅(渋谷、池袋、新宿、上野、品川)まで出てから、私鉄に乗り換えるか東京メトロに乗るのが、一番安い可能性があるという「長年の勘」と違うルートが検索される場合があります。Yahoo、グーグルは、こういう事が多いんじゃないかと思います。
 やはり、最初は、@niftyで検索してみるのがよいと思います。

 ちなみに、「高尾~横浜」間で検索してみたら、京王線渋谷経由東横線で横浜に行く経路(1時間38分:610円)、JRで横浜線経由(1時間9分:890円)となり、運賃は、280円違います。
 そして、Yahooやグーグルでは、JR横浜線経由のルートしか表示されません。

■補足
 他には、Infoseekと、ライブドアの電車乗換経路検索サービスも見つかりました。この両方とも、「時間順」と「運賃順」をワンクリックで切り替えられるようです。
  1. 2008/07/30 (水) 13:17
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 安楽亭のワンコインランチ | ホーム | 磯沼ミルクファームの行き方 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。