<< めん小町 | ◇ | 隅田川花火大会 >>

2008年07月26日(土) ◇ 悪夢 (考えたこと)

 悪夢を見る時があります。どんな悪夢を見るのか。学校関係というか、自分が学生時代に戻されてという夢を見ます。
 自分が中学生になっていて行方不明になった持ち物を捜し歩く夢とか、学校を何度も留年する夢とか、起きると大概、起き抜けが悪いというか、ふーっとため息をつくような夢です。

 何でこんな夢を見るのか。幼稚園、小学校の時、何度か転園、転校してたなぁ、あれ、切ないんだよなぁ。夏休みに転校することが多くて、4,5,6月と3ヶ月築いてきたクラス内での人間関係が、一瞬で無になるっていう、また、一からやり直しっていう奴ですか。小学生の時、1年おきに引っ越した時があって、その時は、さすがに親に引っ越したくないと泣いて言った記憶があります。

 小学3年生の4月~7月 <日野から八王子に転校> 9月~翌3月 小学4年生の4月~7月<函館に転校>9月~3月、みたいに、小学3年生の7月~小学4年生の9月の1年強で4回クラスが変わって、3回友達が変わってます。その後、中学1年の夏に北海道から八王子に3年で戻ってますから、そこでは、3ヶ月前提で、中学校に通ってます。
 無理やり人間関係っていうのを作るんだっていう意識を持たされたっていう感じですか。自然と友達になって、一緒にいたいと思ってみたいな意識じゃなくて、計算でとにかく、友達を作っとくという感じですか。周りだって、突然知らない奴が来て誰こいつと思いますよ、こっちだって、全然興味がないというか、知らない奴ばっかりなんです。そこをにこやかに、こんにちはって言って、お友達を作るという、正直、そこに居る居心地の悪さを解消するために友達を作るわけで、元のクラスの友達と居たかったなぁという意識もありつつ、それを断ち切ってくという奴です。

 この時点で、友達を断ち切るというのを何度も経験してるのは大きくて、どこにも所属してない感じがあります。親は、福島県出身という事で、そこを愛して、そこの親戚はよく知ってるみたいですが、そことも私は所属感がないし。

 あと、悪夢の中では、モノが無くなるっていう要素大きいですね。学校の中で、持っていった持ち物が無くなって、誰かが隠したんだろうっていう疑心暗鬼になる系統です。
 うん、教室から帰ろうと思ったら、カバンがないないって探し回ってたら、一緒に帰るクラスメイトが無表情で、「先に持っていってあげてたよ」みたいに答えるっていう話みたいな感じですか。
 「あのさぁ、人のカバンを勝手に持ってくってどういうことよ。(怒)」っていう、やり場のない本気の怒りみたいな。そりゃ、こっちは仲が悪い奴と、「お前隠したんじゃないか。」って、すでにやり合ってますよ。「お前、どう責任とるんだよ。」みたいな感じですか。これは、中学校の時、実話であった記憶がありますから、悪夢というより、悪夢の基になる実経験の一つなんでしょう。

 こういうのをトラウマっていうんでしょうね。こんなトラウマが開いちゃうと、もう、ダークな気分全開ですか。どうしたらよかったんでしょうね。というか、もう思い出さない方がいいんですがね。
 実経験を基にしてるんだけど、シチュエーションとか、状況なんかは、過去の経験じゃなくて新たな設定を作り出しちゃうんです。それでいて、感情の動きは、トラウマの時を再現してる、あれが、不思議なんです。

 忘れられないトラウマと悪夢。悪夢の方は、見たくないんで、正直言って、ご遠慮願いたいです。
  1. 2008/07/26 (土) 03:58
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< めん小町 | ホーム | 隅田川花火大会 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads