<< 梅蘭新館 | ◇ | 支那そばや >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2008年07月21日(月) ◇ ラーメン博物館 (KissDX)

 新横浜ラーメン博物館にゆきました。入場料は、300円。それと別に、場中での飲食代(ラーメンとか駄菓子とか)がかかります。ラーメン博物館、略して「ラー博」は、ナムコが運営してるのかな。
IMG_3420.jpg
 ラーメン博物館の入口は1階で、アトラクションというか、ラーメン屋さんがある地下に階段かエレベータで降ります。
IMG_3425.jpg
 昭和30年代を模したような巨大ジオラマチックな空間が、地下一階と、二階に広がります。
IMG_3428.jpg
 ジオラマの入口を振り返ると、電車の駅が模してあります。
IMG_3431.jpg
 駄菓子屋を模してあります。
IMG_3432.jpg
 なんていうのか、私が見た昭和50年代の日本の駄菓子屋は、こんなイメージじゃありませんでした。ガンプラが積んであったり、タミヤの模型とか、宇宙戦艦ヤマトのプラモがあったり、新幹線ゲームっていうコインを弾いていくゲームがあったり、電子式のルーレットを回してコインが出てくるっていうゲームがあったりと、この昭和30年代を模したジオラマとは、全然違います。
IMG_3433.jpg
 懐かしくは全くありませんでした。逆に、私の懐かしの駄菓子屋は、こんなのじゃないという感じでした。昭和30年と昭和50年で、20年違うと、全然違うよなぁそりゃ。
IMG_3435.jpg
 しかし、こんな横丁が模してあったり、
IMG_3437.jpg
 古い電話機が置いてあったりするのは、よくできているなと思いました。一つ難をいうなら、ホントにここが昭和30年代だとしたら、電話ボックスも電話もその当時のデザインでありながら、新品でピカピカじゃないといけない、というか、そこまで思わせるくらいよくできています。
IMG_3454.jpg
 古いデザインのテレビがあったり、
IMG_3434.jpg
 街頭テレビもありました。そうなんです。要は、汚すぎなんです。展示品が古くなってるんで、それに合わせて周りも灰色とかで汚してる感じ、まぁ、ジオラマとしての統一感はあるんですが。
IMG_3462.jpg
 昭和30年代だって、ちゃんと綺麗にしている部分はきれいじゃないといけないわけで、モダンな筈のテレビとか電話は、ちょっと汚れすぎじゃないかなぁと思いました。でも、それって、難しいんだろうなぁ。
IMG_3463.jpg
 お風呂屋さんの巨大ジオラマ。
IMG_3467.jpg
 このおまわりさんは、最初、蝋人形だと思って、じろじろ見てたら、動き始めてビックリ。まさか、コスプレのおまわりさんだったとは、思いませんでした。こういう細部がめちゃくちゃ凝ってます。
IMG_3468.jpg
 看板とか、いかにもなデザインのがたくさんありました。
IMG_3469.jpg
 さて、ラーメン博物館にきたのですが、まだ、ラーメンを食べた図は出してません。いちおう、ガチンコラーメン道で見た佐野実さんの支那そばやのラーメンがあるとのことなので、次の記事で食べてみた図を載せます。
  1. 2008/07/21 (月) 03:51
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 梅蘭新館 | ホーム | 支那そばや >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。