<< 山田邦子 | ◇ | 上原浩治 >>

2008年07月17日(木) ◇ 京王線から新宿高島屋への行き方 (考えたこと)

 副都心線が開通してから、初めて、新宿の地下街を歩きました。
 京王線新宿駅の西口広場側に出て、西口広場から、東京メトロの丸の内線の地下道を通って、伊勢丹の前まで歩いて、そこから、副都心線の上の地下道を歩いて、新宿高島屋までという道のりです。
 地下道は、涼しくて快適。猛暑の時期、全く地上に出ないで高島屋まで行けるのは、快適です。

 ここまで歩いてみて、高島屋に入ったのですが、さて、高島屋から甲州街道を渡って、JR南口のルミネ方面にどうやって行こうかと思ったのです。どうも、ここから先は、南口に抜ける地下道が無いようです。高島屋から甲州街道をクーラーが効いたまま抜けられて、ルミネ方面に行ければ、新宿を涼しいまま一周できるんです。
 甲州街道を渡るには、3ルート、サザンテラスからミロードブリッジを渡って甲州街道の上を通ってルミネに抜けるか、甲州街道の横断歩道を直接渡るか、高島屋の1階から外を歩いて甲州街道の下を抜けるか位しかないようです。

 今回は、高島屋の1階から屋根つきの外に出て、エスカレータで新南口に登って、甲州街道沿いを歩いて、ミロードブリッジを渡ってみました。なので、高島屋の1階から外を歩いて、甲州街道の下を抜けるルートは、本当に歩けるかどうかわかりませんでした。
 ミロードブリッジは、屋根も無いのでとても暑いです。小田急としては、ルミネからミロードブリッジを渡って、サザンテラスに行って欲しくないみたいです。まぁ、サザンテラスは小田急資本とはいえ、その先にある高島屋のほうが怖いだろうからなぁ。

 そうやって見ると、ミロードブリッジとサザンテラスに屋根をつけない理由もわからないでもありません。ミロードブリッジとサザンテラスに屋根をつけて、サザンテラスからJRを越えて高島屋に渡るイーストブリッジにだけ屋根をつけなかったら、露骨過ぎますから。小田急にとってサザンテラスにお客が集まる事のメリット・デメリットを総合的に分析すると、デメリットの方が多いんでしょう。

 というわけで、なぜか、私は今まで、ほとんど新宿高島屋に入ったことがなかったのですが、その理由の一端は、京王線や小田急線の利用者が、クーラーが効いてたり雨に濡れないまま高島屋に行けないようにするっていう小田急の戦略によるのかと、改めて認識したのでした。

 JRは、新南口を作ったりと、高島屋に協力的なんだなぁ。それにしても、高島屋1階を出て、新南口までの間の暑さは、そこまで涼しいだけに辛いです。あの辺JRの建物にして、高島屋から新南口まででも涼しくできないのかなぁ。それとも、高島屋の2階なら新南口まで涼しいままでいけるんでしょうか。新宿駅の地下道は、まぁ、分からないことが多いです。
  1. 2008/07/17 (木) 12:14
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 山田邦子 | ホーム | 上原浩治 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads