<< 平塚七夕 | ◇ | 黒船ラーメン >>

2008年07月08日(火) ◇ 横浜ベイスターズ (スポーツ)

 横浜ベイスターズが、50敗到達とか、シーズン100敗ペースとか言われて、大矢明彦監督の去就について云々されてますけど、そんなには弱くないというか、マスコミが弱い弱いっていうほど、弱くないんじゃないかと思うのです。この前の日曜も、首位の阪神相手にあとストライク一つまで追い詰めました。
 【ニコニコ動画】まさかの9回表 その1  【ニコニコ動画】まさかの9回表 その2

 大矢明彦監督率いる横浜ベイスターズは、昨日の時点で、21勝50敗1分、勝率2割9分6厘。日本最高峰のプロ野球で、今年すでに21勝しています。あと、10試合勝ってれば、クライマックスシリーズ争いに絡める数字です。要は、後10勝の勝ち負けだけの問題で、マスコミが横浜を弱い弱いと過剰に叩くのは、おかしいんです。
 だって、すでに21勝してるんですから、あと、10貯金を作れば、っていうのは、不可能な数字ではありません。

 それに、横浜が100敗なんてするわけがありません。今シーズンは、阪神が独走の気配ですから、優勝争いよりも、クライマックスシリーズ圏内の3位争いが重要なんです。そうすると、上位2チームは、阪神、中日で決まりでしょう。そして、3位争いが熾烈になるでしょう。
 そうなれば、他チームにとって横浜戦はクライマックスシリーズを争う直接のライバルとの試合ではなくなります。そして、その時、横浜が100敗を目前にしていたら、横浜は必死で毎試合を戦うでしょう。
 こうやって見ると、後半戦に向けて、やはり横浜は勝ち星をさらに積み上げてゆくんじゃないかと思います。

 また、大矢明彦監督の進退問題をどうこうとか、大矢監督辞めろって書いてるブログも見かけましたが、そんなことは、必要ないと思います。監督の采配がどうこうで、3点差で勝ってて、9回裏2アウト2ストライクから逆転されないでしょう。あれが横浜ベイスターズの底力です。大矢明彦監督のせいじゃありません。

 逆にいうと、今の横浜ベイスターズは、他チームにとっては、3連戦3連勝しないと、むしろ、横浜ベイスターズに負けたっていうダメージが残るという意味で、とても怖いチームです。他チームは、3連勝を狙っていても、横浜ベイスターズは、日本のプロ野球で20勝以上している実力があります。他球団は、横浜の真の実力が、いつ、うちのチームに向かってくるかと、とても恐れています。「横浜大洋銀行」なんていう過小評価の揶揄をするのは、マスコミだけです。

 大矢明彦監督の公式ホームページは、「横浜ベイスターズ監督就任」で止まっていました。「大矢明彦 ブログ」で検索しても、大矢明彦さんのブログは見つかりませんでしたから、ブログは書いていないのでしょう。よく負けが込むとかいいますけど、そんな時こそ、横浜ベイスターズの本当の強さをアピールするブログを、大矢明彦監督には書いてもらいたいと思います。

 横浜のファンは、もっと勝ってもらいたいでしょうが、実力を充分に発揮して毎試合プレーする横浜の選手達や、指揮を執る大矢明彦監督の姿は、とても、すがすがしいです。横浜ファンの応援や叱咤激励も、横浜の選手の力になっている、そんな一体感が素敵です。100敗ペースとか、そんなマスコミの雑音に負けないでもらいたいです。

 がんばって、横浜ベイスターズ。がんばって、大矢明彦監督。
  1. 2008/07/08 (火) 14:30
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 平塚七夕 | ホーム | 黒船ラーメン >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads