<< 坐忘(ざぼう)@西八王子 | ◇ | まぐろ人(すし)@南大沢 >>

2008年06月24日(火) ◇ 大人のいじめ (考えたこと)

 「大人のいじめ」とは、何なのか。「子供のいじめ」とは、どう違うのか、書いておきたいと思います。
 ばっさり斬ると、「大人のいじめ」は。金と権力をバックにした「パワーハラスメント」です。

 社長が、バイトをいじめたり、上司が部下を、 表立った犯罪にならない様、徹底的にいじめるのです。
 今、テレビでやってる「丸一」の吉田明一社長も、違法なコトをやれっていう証拠が書面に残らないように、口でコレ使え、みたいにやるんです。で、社長の意を汲まなければ、怒鳴り散らしいじめるという手口かなと思いました。
 金と権力の前じゃ無力な従業員。で、「大人のいじめ」に従わされていた従業員が、内部告発して社長に反旗を翻して、テレビカメラの前で社長に謝罪を要求するという事態になってます。

 子供のいじめは、個人情報を共有した等質なクラス環境の中で、「友達」という自衛集団を作るために、仮想敵や、具体的な敵を作るっていうことなので、「大人のいじめ」とは、異質なものです。いわば、「友達」同志で、自衛のための安全保障関係を作るってことです。
 金や権力に差がないため、「なんとかキモイ」という「情報戦」がとても重要になるわけです。
 その「情報戦」が、ネットっていうバーチャルな空間に進出したのが、学校裏サイトです。
 なんで、学校裏サイトはあって、大人の社会にはないのか、その答えは、大人の社会は、「金と権力」。子供の社会は、「情報戦」。その違いによるものです。

 通常、大人の世界では、「情報戦」は、無意味なんですが、元従業員達がテレビカメラの前に立ち、国民に社長の指示を告発するという「情報戦」で、社長や「丸一」を叩けるのか。私個人としては、あの「丸一」の吉田明一社長がどうなるのか、興味を持って見てます。
 「大人のいじめ」をやって、金儲け。そんな社長は、叩き落されるように願ってやみません。
  1. 2008/06/24 (火) 12:20
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

コメント

2011年09月12日 ◇ 株式会社りゅうせき

過去にりゅうせきでバイトで働いていて、パワハラにあいました。集団で自分が仕事ができないことを理由にいじめられていました。とくに、上原けいは「仕事ができないなら自殺しろ」といいながら自分の足を蹴りました。ほかの、社員は見てみぬふりをしていました。結局バイトはクビになりましたが…後日、恨みに思ってて酒を飲んで、会社に行き、こう、上原けいに言いました。「そんなに俺が憎いなら包丁もってきて俺のはら刺せ!楽に殺せ」と
  1. 2011/09/12(月) 06:40:40 |
  2. URL |
  3. はち #-

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 坐忘(ざぼう)@西八王子 | ホーム | まぐろ人(すし)@南大沢 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads