FC2ブログ
<< 姉歯元1級建築士の妻が自殺 | ◇ | 抱きしめたい…教え子にメール921通送った高校教師 >>

2006年03月29日(水) ◇ わりばし事故 (考えたこと)

 子供が、のどの奥にわりばしを刺したのは、その子の行為で、その現場で、保護者が保護していて、保護者が割りばしを与えたわけだから、そこで事故を防げなかったのは、親の責任です。
 その事故を防げなかった責任を、全部棚に上げて、病院のせいにしようということなんです。

 いや、子供が泣いていたからって、医者が、全ての子供の脳の中にわりばしが無い事を調べる必要はないでしょう。
 亡くなった後で、解剖して調べてみたら、他の原因ではなく、わりばしが入っていた、という後付の話です。

 病院に担ぎ込まれた直後に、わりばしを見つけられなかったのを、医療事故だって、言って争う前に、親自身の監督不行届きが無ければ、こんな事故は起こらなかったんです。

 いや、他人のせいにすれば、親の気持ちは、楽だと思いますよ。医者が悪いんだ、悪いんだってね。そんなこといっても、子供は帰ってこないんです。
 子供を守れなかった、事故を防げなかった、事故が起こった、それは、不幸で、運が悪かったというのが、正確な見方です。
 わりばしを持たないで、生活はできないだろうし、わたあめが、悪いとも思えません。
 ただ、なんかあって、わりばしが、のどから刺さって脳に達した、その事故って、一言で言うと、運が悪かったんです。

 まあ、医者ってのは、因果な商売ですな。
  1. 2006/03/29 (水) 09:14
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

コメント

2007年04月11日 ◇ 

綿アメ は どういう状況 で 子供は たべるでしょうか ? 勿論 お祭り 縁日などです  ということは 勿論 人ごみのなか だったと かんがえられます  この事例では たしか 子供が 綿アメを くわえたまま 転んで。。。と新聞報道にあったように記憶しますが  転ばなくても 縁日などの 人ごみの 中なら 割り箸を 口 に 縦に くわえていれば 誰か人に ぶつかっただけで 綿アメ の 割り箸は 子供の ノドに つきささる 事でしょう  親が ほんの チョット 気配りすれば 防げた 事故でした   自分の 不注意は 棚にあげて 人の 責任ばかりといつめる風潮でしょうか
  1. 2007/04/11(水) 11:16:25 |
  2. URL |
  3. 祭り好き #-

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 姉歯元1級建築士の妻が自殺 | ホーム | 抱きしめたい…教え子にメール921通送った高校教師 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads