<< 野村正育 | ◇ | 葛西臨海水族園 >>

2008年05月04日(日) ◇ リンリン (考えたこと)

 上野動物園で、パンダのリンリンが死にました。かわいそうですね、残念ですね。

 さて、今、パンダって、中国から(2匹1組年額1億円位の)レンタルで、日本に来てるのですね。で、上野動物園にパンダがいなくなったものだから、別のパンダをレンタルしてもらおうという方向で、日中間で話が進んでいるようです。

 ブログライブ管理人は、パンダは、上野動物園に来ないほうがいいと思います。

 なぜか。要は、パンダの事を考えているのです。上野動物園に来れば、見世物になって、たくさんの人に見られるんでしょうけど、もう何十年といて増えないわけだし、そもそも、上野動物園っていう環境が悪いんです。
 テレビでやってる四川省のジャイアントパンダ保護区みたいに、上野に「パンダ山」を作って、そこに放し飼いするっていう事は出来ないでしょ。四川省のパンダ保護区の方が絶対環境いいし、パンダのためになると思うのです。
 日本にだって、何匹もパンダはいるわけだし、見たければ、そこに行って見ればいいと思うのです。

 石原知事みたいに、費用対効果でもなく、中国が嫌いだからでもなく、純粋にパンダの生育環境として、上野動物園は、ダメじゃんと思うのです。
 ああやって、上野動物園で飼ってる人なんかは、それは、わかってるんでしょうね。元々、パンダは絶滅しそうなほど弱い生き物なのだから、四川省のパンダ山みたいな所で飼わないといけないって。

 してみると、中国だって、精力ギンギンのパンダは日本に送ってこないでしょうね。どうせ、ダメな環境に送るんだから、パンダの専門家が、じっくり見た上で、これは繁殖力低いなっていうのを、セレクトして送るでしょう。
 いや、悪いなんて言ってないですよ、パンダ種のことを考えれば、当然そうだろうと思います。
 上野動物園でも、本音は、わかってるんでしょう、きっと。国同士のことだから、言えないだけで。

 例えると、「堀ちえみ」とか「上原謙」みたいなジャイアントパンダは、日本に送ってこないってことです。えぇ、こうやって説明すると、わかりやすいでしょ。

 でも、そうやって、一番弱いパンダを日本につれてくるのも、そのパンダのことを考えると、どうなのかって思います。日中友好のため?、今の時代、パンダを犠牲にしなくても、テレビもあるんだし、日中友好は、別な方法で深めればいいでしょう。

 日中友好という十字架を背負って日本に来た「リンリン」。改めて、哀悼の意を表します。
 いや、日本のパンダ好きな人に、動物好きな人に、考え直してもらいたいです。
  1. 2008/05/04 (日) 09:55
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



パンダよりパンだ

上野動物園にいたパンダが死んだのは残念ですね。 http://www.sansp
  1. 2008/05/05(月) 17:41:29 |
  2. スタヤーチ 激穏・硬軟・甘辛ブログ
<< 野村正育 | ホーム | 葛西臨海水族園 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads