<< 高木雄也 | ◇ | 野村正育 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



単純所持規制何ていう危険な代物よりも児ポ法改正で本当に「いる」もの

mixiコミュのもので今更だけれども非常に納得したので転載。 実は余りこっちの「問題点」は注目されていないように思えるので。 ・児童ポルノ禁止法の保護法益を、個人法益に特化する事。(社会法益の排除)? ・児童ポルノ禁止法の所轄官庁を、厚生労働省とする事
  1. 2008/05/03(土) 13:20:50 |
  2. チラシの裏(3周目)

2008年05月03日(土) ◇ 児童ポルノ (考えたこと)

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080501-00000061-yom-soci
 はい、児童ポルノの「インターネット規制」の動きが、進んでいますね。問題点を、思いついただけ、書いておきます。

 まず、「児童ポルノサイト」っていうものの定義ですね。よくネットを知らない方は、それって、児童ポルノ業者が、児童ポルノの画像をたくさん載せてるサイトでしょ?と考えるでしょう。それは、規制してあたりまえじゃない?って。

 ネット特有の事情があるのですね、それを以下、説明しますね。

 ネットを知ってる方なら、ご存知でしょうが、写真共有や、ブログ、なんかは、「ドメイン」という単位があり、それは、基本的には、サイトを運営している業者が管理してるんですが、その「ドメイン」という単位を「サブドメイン」という単位に分けたり、ディレクトリ単位に分けたりして、その部分を、ブログや写真共有の各ユーザーが、パスワードで管理してるのです。

 ここまで、いけばわかるでしょうか。特定のブログへの攻撃方法として、その同じドメイン下の別のブログに違法なポルノ画像をアップロードして、通報する。そうすることで、ドメインごとのアクセス規制がかかれば、ドメイン丸ごと、特定の攻撃対象のブログもろとも、ネットから抹殺することが出来る。そういう、攻撃方法が考えられるのです。
 「サイト」っていうのは、何なのか、これが、まず曖昧なんです。規制するのをドメイン単位と考えれば、それだけで、こういう事が起こることが考えられます。

 「児童ポルノ」の閲覧をブラックリスト方式で規制するなら、一つ一つの「児童ポルノ」の画像ファイルを、いちいちブラックリストに載せる方法が、適切です。というか、そうするべきです。
 でも、そんなやり方、できないでしょ、アップロードと、ブラックリストとのいたちごっこになるだけで。
 できないからって、サイト単位とか、サブドメイン単位とか、ドメイン単位で規制するっていうやり方は、他の「非児童ポルノのファイル」を巻き込む規制となります。これがおかしいのです。

 第二に、仮に「児童ポルノサイト」をアクセスできないようにしたら、海外のパスワードつきの画像掲示板などに拡散するだけです。別の掲示板で、画像掲示板サイトのURLとパスワードだけが出回って、時々、その画像掲示板サイトのURLとパスワードが移動してゆくという流通形態になるだけです。
 このように、「児童ポルノサイト」のブラックリスト規制は、有効性に疑問がある施策です。

 第三に、もし、「児童ポルノの載っている画像掲示板のURLと、パスワード」が載ってる掲示板まで、「児童ポルノサイト」っていうくくりで規制対象になれば、誰でも書き込みが出来る掲示板を、狙って攻撃することが出来ます。狙った掲示板に、「児童ポルノ」の載ってるURLとパスワードを大量に書き込み、通報すれば、ネットから抹殺できるのです。
 そう法律に書かれてなくても、実際に攻撃がされたら、無数の児童ポルノのURLの書き込みと削除のいたちごっこになって、対応はできないでしょう。そんな中で、マスコミが、攻撃されてるサイトを「児童ポルノサイト」って報道すれば、プロバイダが、規制に動く可能性もあります。
 実際は、「児童ポルノ規制」を名目に、影響力の大きい掲示板の追放を狙ってるのかもしれません。

 第四に、「児童ポルノサイト」として、アクセス禁止になっちゃえば、周りでは、何故、アクセス禁止になったのかわかりませんし、本人もわかりません。
 これ、怖くないですか?。規制をかける側が、必ずしも悪意を持たないとも限らないのです。そして、何らかの要因で悪意を持っちゃった場合、周りからは検証が一切出来ないんです。
 これ、事実上、やり放題にならないよう歯止めをかけることができないのです。

 この様に、実効性がなくて、危険性しかないんですね。「児童ポルノサイト」の規制って。

 で、児童ポルノを撮る人間は捕まらないので、実際に撮られて被害に遭う児童は減らない。そうなると思いますがね。「児童ポルノ」を撮る人間を捕まえる方法を考えないと、被害は減らないんじゃないでしょうか。そこで、捜査なりを厳しくするべきです。

 「児童ポルノサイト」の規制を考える人って、ネットの事情を全くわかってないんじゃないかと、えぇ、わかっててやってても危険だし、わかってなくても危険なんです。
  1. 2008/05/03 (土) 10:12
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



単純所持規制何ていう危険な代物よりも児ポ法改正で本当に「いる」もの

mixiコミュのもので今更だけれども非常に納得したので転載。 実は余りこっちの「問題点」は注目されていないように思えるので。 ・児童ポルノ禁止法の保護法益を、個人法益に特化する事。(社会法益の排除)? ・児童ポルノ禁止法の所轄官庁を、厚生労働省とする事
  1. 2008/05/03(土) 13:20:50 |
  2. チラシの裏(3周目)
<< 高木雄也 | ホーム | 野村正育 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。