<< 裁判員制度 | ◇ | 羽村チューリップまつり >>

2008年04月15日(火) ◇ 友達って何 (考えたこと)

 友達って何なんだろう、ブログライブの記事「学校裏サイト」のコメント欄を読んで、改めて考えてしまいました。

 コメント欄の内容を要約すると、「ぶりっ子はキモイ」っていう事で、概念的な仮想敵を作って、同調者を作る。=友達になれそうな人を探す。
 ↓
 「ぶりっ子はキモイ」に反発する人を、具体的な「仮想敵」にして、さらに絆を深める。=友達だよねと確認する。
 ↓
 最終的には、相手を罵しり敵対して、さらに絆を深める。=友達と、非友達を決定する。

 っていう具合で、なんか、国際関係でいうと、同盟関係を結ぶために、最初は資本主義、共産主義で別れて、具体的に仮想敵国を設定して、集団自衛権を設定して、最後に戦争をするという、なんか、そのプロセスと似てるなと思いました。というか、ほとんどそのプロセスと、同じプロセスを経て、「友達」になっていくのかなと思いました。

 まぁ、ブログライブ管理人は、「学校裏サイト」の記事で、「みんな仲良くなんてできるわけない」って書きましたが、そういう状況下では、概念的に敵を作って、それに同調者を募って、最終的には、敵対して、友達を作るという手法しかないのかなぁと思いました。
 それと同じ手法が、ブログライブのコメント欄で展開されたわけで、最初、「ぶりっ子はキモイ」って書き込まれた時に、なんで、「ぶりっ子」を敵視するのかよくわかりませんでしたが、概念的な敵を作るっていう事は、友達を作る方法の第一歩かと、認識を新たにしたのでした。

 してみると、最終的に友達って何なんでしょうか。いや、友達って、すごいポジティブにしか言われないじゃないですか。友達100人できるかなとか、そんな感じで。でも、実際は違うんだよなぁ、概念的な仮想敵や具体的な敵を作り、自衛を目的とする「安全保障関係=友達」と、改めて認識したのでした。
 これが、複数対複数の「友達」同士の対立の場合は「派閥」になって、1人対その他全体の対立に収斂した場合、「いじめ」になるんだなぁと思いました。1人対その他全体の対立の場合、いわば、みんなが「友達」になる訳で、その部分においては、より安定した関係になるんですね。
 「派閥」同士の対立に比べて、友達になれる範囲が広くなるわけですから。
 してみると、「友達」の範囲を広げていこうとすると、論理的に、もっとも安定した「1人対その他全体の対立」という関係に収斂していくことになるのかな、と思いました。
  1. 2008/04/15 (火) 20:52
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コメント

2008年05月13日 ◇ 

「友達」では、3人グループ、よくいますよね。その中で1人えらい人は、2人を「いじめ」ているのです。たとえば、2人をいじめている人は、Aさんもう1人は、Bさんもう1人はCさんとします。AさんとBさんが話してます。その話しは、Cさんの悪口でした。次は、AさんとCさんが話してました。それはBさんの悪口でした。そしてCさんとBさんの悪口がばれてしまいました。CさんとBさんがけんかして友達ではなくなりました。友達ってこわいですね。
  1. 2008/05/13(火) 22:50:35 |
  2. URL |
  3. #-

2008年05月14日 ◇ re:「友達」では、3人グループ

 コメント頂きありがとうございます。

 「居ない人の悪口」というのは、大人でも子供でも、大体普通の会話なのかなと思います。
 というか、それが、一番盛り上がる話、みんなが一番好きな話です。
 頂いたコメントだと、BさんとCさんが話をする時に、なんで、Aさんの悪口で盛り上がらなかったのかが、わかりませんでした。
 仮想敵を自分に向けさせないっていうテクニックでいえば、Aさんは巧みなのでしょう。
 このあたり具体的に、書いていただけると、面白いと思います。
  1. 2008/05/14(水) 05:13:15 |
  2. URL |
  3. ブログライブ管理人 #X58qEjZ2

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 裁判員制度 | ホーム | 羽村チューリップまつり >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads