<< 西野公論 | ◇ | こまどり姉妹 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2007年12月31日(月) ◇ 吉田美和 (考えたこと)

 今、ブログライブの検索語別アクセス数で、一番多いのが、「末田健」です。
 「末田健」さん、今年亡くなられたドリカム吉田美和さんの夫です。

 普通、恋愛感情っていうのは、何年も経つと放物線を描くみたいに、上がっていって、落ちてくるものです。
 それこそ、恋愛感情が冷めると、三原順子さんや、小柳ルミ子さんや、千秋さんみたいに、相手のことが嫌いになって、むしろ別れるのが自然っていうことになるんです。
 一般の人は、子供がいるからとか、夫の収入があるからとか、そういう理由で別れないんでしょうが、芸能人さんは、収入があるから、恋愛感情に忠実に生きられるのでしょう。

 吉田美和さんの場合は、たぶん、一番恋愛感情の高まった時、ピークに相手が病気になって亡くなっていて、恋愛感情が冷めて、相手の目につく部分がひとつひとつ嫌いになってゆく過程を経ないで、ぷつんと、恋愛が終わってしまったわけです。
 相手が好きだっていう気持ちに、どう納まりをつけて良いのか、むしろ、悲しみで好きだっていう気持ちが、より純化されてしまったような状態にあるのかな、と思います。

 実際、どうやって、この気持ちに収まりをつけるのか、まぁ、収まりつけられないだろうな、引きずるだろうな、と周りは見るわけで、それも含めて、とにかく大変だろうなと、思うのです。

 そんな中、今夜、紅白で歌うのですか、吉田美和さん。たぶん、後から振り返ってみたとき、あの年出なかったのは、「末田健」さんが亡くなったからだよね、っていう事にならないように、わざわざ出るっていう判断なんでしょうが、「ちゃんとあなたに伝わっているかな」とか、「今日が昨日に変わる前に」とか、恋愛感情の終りを暗喩する歌詞がある、「アイシテルのサイン 私達の未来予想図」をちゃんと歌えるのでしょうか、というか、ちゃんと歌うってどういうことなんでしょうか。

 曲順みたら、「秋川雅史 千の風になって」 の次ですね、ドリカムの番は。微妙だよなぁ、「私のお墓の前で泣かないでください~」っていう曲の後かぁ、、、、。
  1. 2007/12/31 (月) 15:08
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 西野公論 | ホーム | こまどり姉妹 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。