<< 海鮮三崎港 | ◇ | オール電化 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2007年12月26日(水) ◇ トイレのゴムフロート (考えたこと)

 家のトイレ、流し終わった後に、水がちょろちょろと便器の中に出てきて、止まらなくなったんです。別にいいじゃん、と思っていたのですが、家族が、「近所でこんなままになってる家なんてないわよ。」と、うるさく言うので、直しました。
 下の、ロータンク用ゴムフロートを、八王子みなみ野駅前のホーマックで980円で買ってきて、取り替えて直したのですが、そこに至るまでの経過を書いておきます。

 まず、バケツ一杯の水を手洗いの穴から、入れてみました。すると、タンクの中の水が補給される弁から出る水は止まりました。でも、便器の中にちょろちょろ出てくる水は止まりません。
 どうも、上の水が出てくる所の弁は、故障してないようです。

 ネットで、「トイレ ちょろちょろ」で、ググってみました。すると、タンク中の水をレバーの開閉で一気に流したり、止めたりするゴムが、悪いようなのが、分かりました。
 そして、そのゴム製の部品の名称が、「ロータンク ゴムフロート」というのが、ネットの説明に書いてありました。

 そこで、今度は、「ロータンク ゴムフロート」で再度検索してみました。
 すると、色々ページが出てきて参考になりました。
 ウチのトイレ便器は、INAX製で、イナのトイレ用の、ロータンク用ゴムフロートには、直径65mmのものと、55mmのものがあって、ウチのトイレは、55mmの直径のゴムフロートらしいことがわかりました。

この、ロータンクゴムフロートの直径って、便器の中だし、見づらいんですが、イナ製の場合は、

 こうやって、上から見て、弁を止める白いプラスチック製の枠より黒いロータンクゴムフロートがはみ出てたら、65mmのようです。あと、このロータンクゴムフロートの構造は、イナ製だけに、通用するようです。他の便器メーカーのロータンクゴムフロートは、別の構造になってて、別の製品があるようです。

 開封してみたINAX用ロータンクゴムフロート。

 そして、便器の隣の止水栓を動かそうとしたら、そこが固まってて、10円玉でも全然動きません。しょうがないので、全体の水道の元栓を止めて作業しました。
 取り外しは楽。取り付けも楽。鎖を外して、斜めにすると、押さえてある白いプラスチックの棒が少し曲がるので、曲げながら外して、新しいロータンクフロートを、白いプラスチックの棒を少し曲げながら入れました。

 新しいロータンクゴムフロートの鎖が少し長めだったので、中の金具に引っ掛けて、鎖を調整して、流してみたりして、調整しました。

 下が、外したロータンク用ゴムフロート。

 うーん、めんどくさいっちゃ、めんどくさい。どのロータンクゴムフロートを買えばいいか、調べるまでが、一番めんどくさいでしょうか。
  1. 2007/12/26 (水) 18:20
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 海鮮三崎港 | ホーム | オール電化 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。