<< 年賀状ASP自動化 | ◇ | 爽 抹茶 >>

2007年11月06日(火) ◇ 分配器 (PC携帯ゲーム)

 マスプロの4分配器を買ってきました。

 なぜかというと、しばらく前から、ビデオの録画が上手くいかないことが多くなりました。
 それで、詳細に調べてみると、どうも録画中に、時々、ビデオ内蔵のアナログ地上波チューナが上手く映らなくなるのです。テレビは映るのに、、、です。

 ここで、家のアンテナ接続のことが、気になりました。
 ビデオ内蔵のアナログ地上波チューナが映らなくなった時に、ビデオの裏側の地上波アンテナ入力をちょっと回したり、抜きなおしたりすると映るのです。

 今までのアンテナ配線は、アナアナ変換をしていった時に業者が立てていったアンテナと同時のものでした。そこで、これが影響してるんじゃないかと推測しました。

■今までのアンテナ配線(アナアナ変換時に業者がUHFアンテナを立てた時に接続)は、
 UHFアンテナ → 屋根の上のブースタ → 屋内のブースタ電源部 → ビデオ → ビデオのUHF出力端子のF型プラグ2分配器(写真) → 2台のテレビ

 このビデオのUHF出力端子に繋がっている、F型プラグ一体型2分配器が、トラブルの原因でないかと推測しました。
 ビデオの出力端子から、他につなぐことは、よくあるのですが、F型プラグ一体型2分配器は、いかにもビデオの裏で大きく、ビデオの出力が2分配されているのは、シンプルな形ではないのです。
 単体の4分配器を調べてわかったのですが、マスプロの4分配器は、3千円もします。分配器だけで、3千円です。それに比べると、F型プラグ一体型2分配器は、いかにも安っぽく、ここを安く仕上げることで、業者は多く利益を上げたのかなと思われました。

■4分配器での分配後
 UHFアンテナ → 屋根の上のブースタ → 屋内のブースタ電源部 → 4分配器(マスプロ)

→ビデオと2台のテレビ
 という風にアンテナの配線を付け替えました。これで、一番シンプルに、ビデオの中の分配器や、F型プラグ一体型2分配器を用いない配線に仕上がりました。

■シンプルイズベスト
 このアンテナ配線変更で、気がついたのですが、今までは、ビデオの電源を入れると、テレビの画面に、一瞬、軽いノイズが入っていた、そのノイズがなくなりました。
 ビデオの出力に、テレビが繋がっていたせいなのでしょうが、ただ、ビデオの中に2分配器が入っているだけなら、ノイズが載るのは、おかしいのです。
 どうも、ビデオの内部の2分配器が、ビデオの電源の影響を受けているようです。
 そうすると、ビデオのアンテナ出力にささっていたF型プラグ一体2分配器よりも、ビデオの中の2分配器が原因だった可能性もあります。
 また、ビデオのアンテナ出力に、テレビが2台繋がっていることから、ビデオのチューナが、テレビの影響を受けていた可能性もあります。

 どちらにしても、4分配器で先に分けた電波を、ビデオ、テレビ2台に供給してから、ビデオの地上波チューナの映りが悪くなることは、まだ、ありません。
 やはり、シンプルイズベスト、ということでしょう。
  1. 2007/11/06 (火) 14:50
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 年賀状ASP自動化 | ホーム | 爽 抹茶 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads