<< ふらのプリン | ◇ | しっとりチョコ >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2007年10月03日(水) ◇ 時津風部屋の全親方、全力士を解雇しろ (スポーツ)

 時津風親方を、相撲協会が解雇する方向に向かっているようです。
 テレビを見てると、相撲関係者という人達が、時津風部屋の後継はどうなるのかという話をしていましたが、的外れもいい所です。あと、杉山邦博さんが、「力士が胸を張って歩けるように」という事を言ってましたが、これも、おかしいです。

 まず、今回の事件は、時津風親方個人の犯行でなく、時津風部屋の多くの兄弟子や、力士、関取が、集団的に行った犯行です。誰が、どれだけ犯行に加わったのか、それすら明らかになっていません。
 その時点で、時津風部屋の力士が、どうやって、胸を張って歩けるのでしょうか。親方一人で、リンチをしたはずはありません。事実を究明すれば、数十人前後の力士、関取の関与はあるはずです。
 日本相撲協会としては、それらの関与した兄弟子、力士、関取が解雇、処分されなければ、到底、事実に見合った処分をしたとはいえません。

 まず、日本相撲協会としては、口裏あわせを取り除くために、「時津風部屋」を完全に解体する必要があります。時津風親方、時津風部屋の全親方、全力士を解雇し、「時津風部屋」を解体するのです。
 それは、事実関係の解明のための一歩目にしかなりません。「時津風部屋」がある限り、口裏あわせの組織、隠蔽の組織を取り除くことが出来ないからです。
 事実関係を捻じ曲げて、口裏を合わせれば、相撲界に残れる、そんな余地を残してはいけません。時津風親方を解雇した後、部屋の中の親方が継いだのでは、時津風部屋の解体になりませんから、口裏合わせを取り除くことが出来ません。

 その上で、外部から人を呼んで調査委員会を設置して、「元」時津風部屋の関係者、一人一人に徹底的に調査を行うべきです。その結果、関与していなかった親方、力士については、再雇用を検討するというのが、正しいやり方です。

 今の収拾の仕方を見ていると、時津風親方のみに責任を被せて、実際に暴行殺人をした兄弟子や、力士に処分を下すつもりがあるのか、大変疑わしいといわざるを得ません。
 隠蔽組織として機能している「時津風部屋」を解体しなければ、日本相撲協会は、事実を調査するつもりがないといわざるを得ません。

 当然、警察も動いているのでしょうが、「時津風部屋」が残っていては、口裏あわせされてしまい、事実にたどり着けないのではと危惧します。
 もちろん、警察も、時津風親方、兄弟子、力士を逮捕する、そこまで進むべきでしょう。
  1. 2007/10/03 (水) 15:20
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< ふらのプリン | ホーム | しっとりチョコ >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。