<< 自由研究 | ◇ | 織田裕二 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

2011年08月21日 ◇ 

ヤマダ電機にて地デジ対応テレビを買いましょう。ついでにアンテナ設置を依頼しましょう。料金は10万円はかからないと思います。
お国にぐちを述べても、地アナ放送は再開してくれません。お国が決めたことですし、ほとんどの国民がご納得されたことですので、しかたがないでしょうね。
  1. 2011/08/21(日) 08:51:02 |
  2. URL |
  3. #-

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2007年08月31日(金) ◇ 地デジ難民 (考えたこと)

 「地デジ難民」かぁ、、。
 なんで、あと4年で、地上アナログ放送を終了するという宣伝を総務省は続けるのか、全く理解に苦しむ中、出てきた単語が、「地デジ難民」。

 なんで、使える地上アナログテレビ、地上アナログビデオを買い換えなきゃいけないのでしょうか?。今までと同じく、ハイビジョンからダウンコンバートした地上アナログテレビ放送を続ければ、何千万台という地上アナログテレビ、地上アナログビデオが、そのまま使い続けられるのに、なぜ、地上アナログテレビ放送を続けないのでしょうか。

 総務省の地上アナログ放送終了という政策は、地上デジタルテレビ、地上デジタルビデオを大量に売りたい家電業界の意向だけを反映した政策で、すでに、家電という財産を持っている消費者の立場を無視しています。
 地上アナログテレビ、ビデオが全てゴミになってしまえば、何千万台ものテレビ、ビデオっていう財産がゴミになるわけで、悪政というしかありません。
 特に、アナログビデオは、地上デジタルをチャンネル指定で予約録画できなくなり、完全にゴミになるのです。

 「地デジ難民」って言葉を誰が考えたのか知りませんが、「地デジ難民」ていう言葉を使って、総務省と家電業界のタッグに無批判に乗っかるのは、バカじゃないかと思います。
 総務省の地上アナログテレビ放送終了という政策は、詐欺まがいの「地アナ終了商法」と言わないと、実態を表していません。もうすぐ「地デジ」しか見れなくなりますからって言って、今までよりずっと高いハイビジョンテレビを売りつけるのですから。
 別に自然現象で、アナログテレビ放送が見れなくなる訳じゃないんです。総務省が、アナログテレビ放送を「強制終了」するだけです。

 総務省は、アナログテレビ放送の利用者が一定数いる限り、ずっと放送するよう政策を改めるべきです。

 マスメディアの人宛に書きますけど、マスメディアにいたって、この程度の正論すら書けないんじゃ、自分の生きている価値について考え直した方がいいんじゃない?と思います。
  1. 2007/08/31 (金) 00:00
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

コメント

2011年08月21日 ◇ 

ヤマダ電機にて地デジ対応テレビを買いましょう。ついでにアンテナ設置を依頼しましょう。料金は10万円はかからないと思います。
お国にぐちを述べても、地アナ放送は再開してくれません。お国が決めたことですし、ほとんどの国民がご納得されたことですので、しかたがないでしょうね。
  1. 2011/08/21(日) 08:51:02 |
  2. URL |
  3. #-

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 自由研究 | ホーム | 織田裕二 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。