<< 横峯良郎 | ◇ | 自由研究 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2007年08月30日(木) ◇ 「どんど晴れ」で使うデータベースの仕様 (PC携帯ゲーム)

 相変わらず、「どんど晴れ」を家族に付き合って見ています。

 今朝は、「前田ケイスケ」っていうお客から電話で予約が入って、若女将がデータベースで、住所が世田谷ってところまで確認してお客さんが来たんだけど、刺身を出したところで、お客が激怒するっていう展開。

 前田ケイスケの「同姓同名」のトラブルっていう事なんでしょうけど、うちの家族は、「データベースを見て電話番号で確認しないのか?」って疑問を言ってました。
 まぁ、老舗旅館っていう設定なので、声を聞いただけで、声色から、頭の中の声色データベースで判断してたんだとすると、そういうのって引き継ぎ不可能だよなぁと、思ってみたり。
 にしても、データベースを作る側からすると、簡単に作ったデータベースだと、それが逆に仇になるという展開なのかなと思って見たり。

 どんど晴れで若女将が使ってたのは、「あ行、か行、さ行、た行、な行、は行、ま行、や行、ら行、わ行」みたいに分類されていて、そこをクリックすると、名字の一文字目が、一致するお客様の情報が表示されるというインターフェイスのデータベースなんだけど、あれだと、データベースのインターフェイスとして、間違いを起こしやすい構造と、思いました。

 「ま行」で表示されると、「ま」から「も」まで、お客様の名前がずらっと並んで、使いづらいんじゃないかと、思うのです。
 要は、名字の最初の一文字の行、全てだと、表示される情報が多すぎるんです。それで、スクロールが長くなって、情報を間違って見つけたり、必要な情報が画面外に隠れてしまうという現象が起こるのです。

 名字の最初の一文字別のボタン(あ、い、う、え、お~ん)による絞込みや、キーボード入力による名字や、名字の読みでの絞込みや、地域名のボタンによる絞込み、または、キーボード入力での地名での絞り込み、などが同時に入力できて、絞り込めるインタフェイスが必要です。
 それで、候補が一覧表示されて、電話番号や、住所で確認を取った後、候補をクリックすると、カード型で個人の情報が表示されるという仕様が必要でしょう。

 という訳で、「どんど晴れ」の同姓同名間違いは、データベースインタフェイスで防げる事態だし、むしろインターフェイスの仕様が足りないから、起こったのかなと思いました。
  1. 2007/08/30 (木) 12:58
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 横峯良郎 | ホーム | 自由研究 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。