<< すいか | ◇ | 上地雄輔さん >>

2007年07月30日(月) ◇ 小沢一郎 (考えたこと)

 参議院選挙が終わった。小沢一郎民主党代表が、選挙特番などに、健康問題を理由にして、一切出演していないし、記者会見もしていない。

 なるほどと、思った。今回の勝因は、安倍総理の自滅、要は、アンチ安倍。汚職を問われた閣僚の自殺、閣僚の繰り返される失言、年金問題、事務所費問題、格差問題等、自民党にNOを思う人が、民主党に投票したからで、民主党が評価されて、勝ったわけではないから。
 今回の勝因を、そう分析すれば、黒子の様に小沢代表の笑顔が見えない方が、都合が良い。
 小沢代表の笑顔がなければ、画的には、安倍総理の苦悶する顔が表すものは、「自民惨敗」で、「民主勝利」とはならない。

 民主党が、勝ったという印象を与えなければ、自民党が負けても、安倍総理が反省していないという印象が際立つ。そうすれば、まだまだ、民主党への風につなげられる、次の衆議院選挙まで、引っ張らないといけないという戦略なのだろう。

 点を取ろうとするのではなく、じっと我慢して、相手が失点に繋がるミスを起こすのを待つというのが、小沢流。民主党が勝ったという印象を与える画を作らせないという小沢代表の戦略は、いかにも小沢流の真髄と思う。
  1. 2007/07/30 (月) 13:16
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< すいか | ホーム | 上地雄輔さん >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads