<< 新鶴本店 | ◇ | 銀豚 >>

2007年07月18日(水) ◇ エコバック (エコ)

 いや、言っとかないと気が済まないんで、言っちゃいますよ、エコについて。
 マイ箸とか、エコバッグとか、最近、エコ意識の盛り上がりで、注目されています。

 一言で言うと、マイ箸も、エコバッグも、焼け石に水だから、止めればいいと思います。
 28度に設定した冷房をかけて、大画面の薄型テレビを見て、高級車を乗り回しながら、年に一度、海外旅行に飛行機に乗って行くみたいな生活をしていて、そんな生活を見直さないで、マイ箸だとか、エコバッグとか言っても無駄と思います。
 散々電力も、石油も使っていて、マイ箸とか、エコバックとかって、どうかしてるんじゃないでしょうかね。
 いや、「エコ産業」みたいな新しい消費が盛り上がっても、それは新しい消費=資源消費を呼ぶだけで、本気で、エコを言うなら、既存の消費経済が縮小する方向に、意見のベクトルが向かないとならないんです。

 マスコミで、「クーラーは、非エコだから、クーラーを買うのを止めましょう」って言えないのは、家電会社がスポンサーだからだよなぁ。
 それで、エコタイプのクーラーとか、エコタイプの大画面テレビとか、エコタイプの高級車(ハイブリッド車)とか、そういうエコ商品が氾濫するのでしょう。

 中越沖地震で、柏崎原発が止まっちゃいましたね。この際、電力節約を徹底したらどうでしょうか。

 今年の夏は、クーラーをかけるのを止めましょう。
 大画面薄型テレビの購入、使用を止めましょう。
 軽自動車、原付バイク以外の車の購入、使用を止めましょう。できれば、自転車、徒歩で移動しましょう。
 飛行機は、大量にCO2を発生するので、観光目的で海外旅行に行くのを止めましょう。

 このくらい、バッサリ斬っちゃえば、スッキリします。

 クーラーをかければ、その分、石炭や石油の使用が増えて、CO2の増加に拍車がかかります。大画面薄型テレビは、今までのブラウン管テレビより、さらに電力を消費するんじゃないですか?。
 ホントにエコを言うなら、こういう情報を言って、エネルギー消費を減らすコトを、生活の価値として自覚することから、始めることと思います。

 こうやって、縮小再生産に至っていけば、経済に大きな影響がでるでしょうから、それが、良いのかどうかは別物だと思いますけど。
  1. 2007/07/18 (水) 17:16
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:9

コメント

2007年07月19日 ◇ マイ箸やエコバックは

所詮は、私はエコに対して活動していますよっていうような
心の言い訳、免罪符みたいなもんだと思います。
ペットボトルやびん缶、トレーの回収にしてもきちんと洗って
乾かして持ってこないといけないのだけど、洗うのに洗剤使うだろうから、それは水源環境に対してどうなのかな?
分別基準が守られておらず、そのための新たな作業やエネルギーが
発生する。
スーパーのエコバックを使うと押してくれる100割引スタンプ目当てで
別に袋が必要でもないのにスタンプを求めるガメツイ人がいる・・・・。
それにスタンプカードを作るのに袋何枚分のエネルギーや資源になるのかな?
スーパー業界も本当にエコ考えているなら無駄な24時間営業をやめればいい


 
  1. 2007/07/19(木) 13:25:05 |
  2. URL |
  3. たかまぼ #-

2007年07月19日 ◇ まさに、仰るとうりです。

トラックバック有り難うございます。

管理人さんの、仰るとおりですね。

私達庶民の僅かなエコよりも、企業が真剣にエコを考えて実行したら、
ホントの意味で、エコライフになると思います。

スーパー業界に勤めていた経験があるので、
本当に、長時間営業は、無駄だと思います。
  1. 2007/07/19(木) 23:11:54 |
  2. URL |
  3. ラブっち #ffVU29mw

2007年07月19日 ◇ 

トラックバック ありがとうございます。

エコという言葉が一人歩きして本来の意味からかけ離れていますよね。

人間の生活がもっと質素になれればエコですよね。

  1. 2007/07/19(木) 23:27:54 |
  2. URL |
  3. tanirosu #-

2007年07月20日 ◇ 

 『今年の夏は、クーラーをかけるのを止めましょう。
 大画面薄型テレビの購入、使用を止めましょう。
 軽自動車、原付バイク以外の車の購入、使用を止めましょう。できれば、自転車、徒歩で移動しましょう。
 飛行機は、大量にCO2を発生するので、観光目的で海外旅行に行くのを止めましょう。』

 上記の事、実際にされてるんですか?
されてるんなら、素晴らしいと思いますが?

 実際問題、夏にクーラーをやめて、生活できるとは
思えません。さらに、車乗らずに、どうやって移動するんですか?

 割り箸を使う事で、途上国の森林がどんどん伐採されて
いるのです。それにより、二酸化炭素の量が増加し、
地球温暖化になる。マイ箸を持つ理由は、ちゃんと
あるのです。

 マイバックもしかり。レジ袋を作るのにも、エネルギー
いりますし、焼却するときに、二酸化炭素が発生する。

 クーラーや車、飛行機やめることはできないけど、
マイ箸やマイバック持つ事で、割り箸やレジ袋を
やめることができると思います。身近なところからできるのが、
エコだと、私は思います。
  1. 2007/07/20(金) 06:21:26 |
  2. URL |
  3. リバプールしんのすけ #-

2007年07月20日 ◇ Re:リバプールしんのすけ

 コメント頂きありがとうございます。
 リバプールしんのすけ さんのお説の内容は、現在の平均的な日本人の意見と思います。

 経済成長の過程で、色々な非エコを詰め込んだ暮らしをして当り前、それが文化的な価値だと、みんなで考えていると思います。
 三種の神器とか、新三種の神器とか、そういう言葉や、大量に流されるテレビコマーシャルに、車や、大画面薄型テレビや、海外旅行があったりすることが、「日本人の価値観」にどう影響を与えているか、そういう事を考えたのです。
 生活がちょっとずつ非エコの方向に振れていって、今では、クーラー無しじゃ暮らせないという異様さがあるのだと思います。
 例えば、クーラーひとつでも、それを非エコと認識するかしないかで、人間の行動、建てる建物の構造に影響を与えると思います。

 身近なところから始めるのが、エコ、と思っているのは、良くわかります。ただ、エコバッグとか、マイ箸という消費経済の縮小に向かわない方向のエコは、どの産業にも傷をつけることありません。
 エコバッグとか、マイ箸は、地球温暖化の根本的な原因が、石油を大量消費をする産業構造であるということから、目を逸らすという意味で、エコとは思えません。

 ブログライブ管理人は、身近なエコを言うなら、日本人の生活がいかに非エコであるかを認識することから始めるべきだし、その過程がなくエコバッグを取り合うような状況が、あの騒動の異様さの大本と思いました。

 またブログライブ管理人個人が「、、しましょう」といった事を実践しているのか?という質問がありましたので、一応お答えします。

 ブログライブ管理人は、自室には、クーラーはありませんが、同居家族は持っています。
 自宅には、大画面薄型テレビはありません。個人所有の自動車はなく、個人の移動用には原付自転車を所有していますが、同居家族が自動車を持っていますので、ごくたまに同乗します。
 また、海外旅行に行った事がありません(昔、国内移動で飛行機に乗ったことはありますが)。
  1. 2007/07/20(金) 10:25:45 |
  2. URL |
  3. ブログライブ管理人 #X58qEjZ2

2007年07月21日 ◇ ありがとうございました

トラックバックありがとうございました。エコも本気でやってくれれば良いのですが、一部の企業は、受け狙いの「見せかけエコ」なのがたまらなく残念です。ただこれは我々にも言える事で、地震で大変だなあと心を痛めつつも、日々の自分自身の生活があるので、ボランティアに行けない自分がいたりします。コメントにもあるように、まず自分自身の状態を目をそらさずに認識する事はとても大切ですね。
  1. 2007/07/21(土) 01:43:59 |
  2. URL |
  3. 3tpnote78r9 #mQop/nM.

2007年07月21日 ◇ Re:3tpnote78r9 さん

 効果は少なくて、批判されにくくて、スポンサーの不利益にならないエコ。エコバックとか、マイ箸なんかは、そういう区分に入るエコと思います。
 企業がする「エコ」は、「見せかけエコ」というより、企業の「エコ」についての批判をさせないようにするための「エコ」、いわば、「批判消しエコ、批判かわしエコ」と思います。
 どっちも、エコの本筋から世論を逸らすための技術として、認識することと思います。

 スポンサーの批判が出来ないのは、マスコミのルールですから、スポンサーの不利益にならなくて、少ない効果がないとはいえない企業の「エコ」は、批判されないだけです。

 地震云々の話を直後に書くのは、むしろ、エコの本筋と逸らす話の流れなので斬り方としては、よろしくないと思います。

 他のコメントやブログを見たりしましたが、この話をエコの側から、真正面に斬っているブログが見つからないので、驚きました。
 「数量限定」について斬っていたり、「価格が2100円」のコトを斬っていたり、「店員に詰め寄っていたり」とか、切り口がいくつもあるのはわかりますが、それに惑わされて、エコの本筋から斬らないのは、見えていないのかなと思いました。
  1. 2007/07/21(土) 15:00:12 |
  2. URL |
  3. ブログライブ管理人 #X58qEjZ2

2007年07月22日 ◇ エコロジーなんぞ

私は単なる「ブーム」だと思ってます。
ヤツら(企業も一般の人も)は真剣にやる気なんてないでしょう?
ここで盛り上がっている「マイ箸」の件にしても、使ったら毎回洗いますよね?
その時に使用される水や汚水については、どう説明されますか?
割り箸を非難するのであれば「マイ箸を洗った場合に環境を汚染するという地球に対するダメージ」と「割り箸を作る為に破壊される自然環境」とを明確に提示しなければ論じることはできませんね。
非常に数値化しずらい問題なので、私のようなバカにはわかりませんが。
一応私なりに
http://plaza.rakuten.co.jp/L0o0p/8000
このあたりとか
http://plaza.rakuten.co.jp/L0o0p/8001
このあたりに書いておいたので、興味のある方はどうぞ。
  1. 2007/07/22(日) 07:03:14 |
  2. URL |
  3. 綾小路麗禍 #EBUSheBA

2007年07月23日 ◇ re:綾小路麗禍

 コメント頂きありがとうございます。
 ちょっと、まじめにお答えしたいと思います。

 石油を大量消費しているのは、日本人だけではありません。
 アメリカ人、ヨーロッパ人、中国人、他にも世界各地で、そういう人がいます。

 なんで、そうなったのか、端的に言うと、石油を燃やした方が、効率的にエネルギーを得られて、車や、航空機を利用することで、経済・軍事を支配して、企業、国家が大きくなれたからです。
 石油を燃やさない企業、国家は、比較して衰退してゆき、石油を燃やして効率的にエネルギーを利用する企業、国家が、軍事、経済を支配して拡大したと思います。

 この法則は、地球温暖化が、顕在化しても、そう簡単には、覆せない法則です。どこかの群れが、石油を燃やすコトを減らしても、止めても、その群れが衰退するだけで、石油を利用する群れがそのパイを取って大きくなるだけです。
 私有財産としての、油田、油田開発、炭田、炭田開発、天然ガス田に規制をかけて、国際的にエネルギーをコントロールすることをするということも考えられますが、これは、資本主義と相容れないやり方です。

 よって、石油を燃やす企業、国家は、産業の基本構造に手をつけることなく、批判消しエコ」や、「批判かわしエコ」に、知恵を絞る事になったと思います。エコバッグや、エコ箸なんていう産物は、そういった21世紀の文化の産物と思います。

 地球温暖化をめぐっての解決策を考えると、今の石油エネルギーより、効率が良く使い勝手の良いエネルギーが開発されることです。同じ程度、群れが大きくなるのに有利なエネルギーで、クリーンなものが出来れば、移行が進むでしょう。
 逆にいえば、そうならなければ、石油を燃やす群れが、効率よく軍事経済を支配する構図は、変わらないといえると思います。

 ただ、ブログで、いうんだったら、「批判かわしエコ」を、そう言って真正面からいうことも可能ですし、そういって構わないと思います。
 知っているコトを知っているまま、きちんと語る、そんな立ち位置で、語ることができるのだから、そうしたいと思います。
  1. 2007/07/23(月) 11:54:14 |
  2. URL |
  3. ブログライブ管理人 #X58qEjZ2

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



小競り合い警官出動

これ、本当に話題でしたよね。それにしても殺到しすぎでしょう
  1. 2007/07/18(水) 19:19:04 |
  2. 亀山のブログ

人気エコバック争奪戦

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070715-00000000-fsi-bus_all先行発売で大混乱になったエコバック。その後全国でも販売されたようです。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070718-00000020-kyt-l26人気デザイナーがデザインした商品が安価で手に入り、限定商品なの
  1. 2007/07/19(木) 12:07:18 |
  2. NEWSが硬くて斬れません!
<< 新鶴本店 | ホーム | 銀豚 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads