<< プリウスとヴィッツ | ◇ | 牧場しぼり抹茶仕立て >>

2007年02月26日(月) ◇ なぜ人は、戦争をするのですか? (エコ)

 TBSラジオの全国子供電話相談室で「なぜ人は、戦争をするのですか?」という質問があったという記事があった。
 記事によると、永六輔先生は、
「あなたは、ケンカをしたことがありますか?兄弟でするのは、兄弟げんか、夫婦でケンカをするのは、夫婦げんか…国と国とがするのが戦争です。ケンカは、悪いことだけれど、意見の違いというのは、あるときには大切。ケンカをする前にしっかり話し合いが必要ですね。戦争も同じ。上手く話し合いができないとき、戦争が起こります。あなたもケンカをしないようにしっかりお話合いをしましょうね。ケンカをする前にみんながしっかりとお話し合いをするようにすれば、戦争は起こらないはずです。」
 と答えたようだ。

 「ヒトは、なぜ戦争をするのか?」という問いに、ブログライブ流の答えを書いてみよう。
 「人間はね、ずーっと昔から、ちょっとづつ変わってきたんだけど、ある時、みんなで集まって、別の人たちを殺して、モノを奪う人たちが現れたんです。で、その人たちが、戦争をやらない人達を、殺し続けたんです。そうやって、戦争をやらない人、できない人たちを、絶滅させたんです。
 僕達は、その人たちの子孫なの。言ってみれば、今生き残っている人は、戦争を始めて、勝った人たちの子孫なの。
 今は、国って言う単位で、戦争をします。それは、石油っていうモノを支配するためにすることが多いです。でも、それじゃ露骨だから、表向きは、あの王様がみんなを困らせているとか、たくさん武器を持っていて危険だから、という理由で戦争をします。」

 具体的に言えば、動物で、仲間を大量に殺す動物って、お猿さんの仲間、ニホンザルとか、マントヒヒとかでもいないし、人間に進化した動物の特有な行動なんだろうな。
 同種の群れ同士で争って、相手の群れの一部を殺す動物って、人間だけでしょうから。

 にしても、永六輔って、すごい。ああやって、子供を煙に巻くのか。勉強になります。「話し合いをしっかりすれば、戦争は起こらないはず。」って、なぜ戦争をするのかの答えになってないじゃん。

 話し合いで解決しないで、力で資源を奪うほうが、効率よく群れが大きくなれる場合があって、そうしたことも出来る群れが生き残ったということです。

 子供電話相談室だから、子供がけんかする理由は、そりゃ、話し合いで解決するわな。
  1. 2007/02/26 (月) 16:23
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< プリウスとヴィッツ | ホーム | 牧場しぼり抹茶仕立て >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads