<< 近未来通信 | ◇ | ひよどり山有料道路 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



東京観光

東京観光のご案内
  1. 2006/12/15(金) 09:32:27 |
  2. 東京観光のご案内

2006年11月29日(水) ◇ 夕張市 (考えたこと)

 500億円の負債を抱えた夕張市。
 今朝、スーパーモーニングで、夕張の3世帯の話をやってた。
 実際、東京にだって、多摩モノレールみたいな空気しか運んでいない様な第3セクターはあるわけで、あれだって何百億円の潜在的な赤字になってるんだと思う。
 いや、ホント、テレビって映像になる事、表層的なことしか追いかけられない。全国に夕張にどれだけ近い財政状況になっている自治体があるのか、そういう映像にならない、数値的なことには、触れない。
 八王子市だって、駅前に地下駐車場を穴掘って作って、あれだってどれだけ赤字を抱えているんだか、、。

 自治体って言うのは、基本ハレハレ掘れ掘れで、債務を増やして、お金を使って、建設業者に仕事を回して、キックバックで議員も職員もホックホクみたいな図式なんで、この図式に抑制を効かせるには、市の職員も破綻したら首切られるんだよ、議員だって自治体が破綻したら、おいしくないんだよという事にするしかないと思う。
 実際、会社だったら、破綻、解散したら、社員は全員解雇されてしまうというような流れになるんだろう。自治体は、起債できる限り、破綻は無いんで、より性質が悪い。負債は、自治体が終わらない限り(住民がいる限り)残るだけです。

 炭鉱の終了で、それまでの自治体の規模を維持できなくなった時に、バブル期と、国の地方債起債を進める政策が重なって、夕張市は観光への投資、起債で自治体の規模を維持する方向に向かってこうなったのだろう。
 目先の金を持ってこれる、この事で人がみんな動いていく、収入でも起債でも同じ、そんな自治体の怖さを感じる。

 夕張の場合、10万人いた住民が既に1万人になってしまい、財政破綻と、著しい人口流出を両方抱え、夕張市自体が機能不全といっても過言じゃないだろう。

 炭鉱が終わった時に、夕張の役割は既に終わった。
 そんな終わった街に、夕張市が起債して、お金を調達して、夢が咲いて負債が残った。
  1. 2006/11/29 (水) 10:23
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



東京観光

東京観光のご案内
  1. 2006/12/15(金) 09:32:27 |
  2. 東京観光のご案内
<< 近未来通信 | ホーム | ひよどり山有料道路 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。