<< 福島県産米がスーパーにない | ◇ | 危険料を払うから、故郷に住めなくなるリスクを抱えなさい >>

2014年03月09日(日) ◇ セキュリティ意識(知識)の薄い(無い)高齢者を狙ったWEB攻撃 (PC携帯ゲーム)

 セキュリティ意識(知識)の薄い(無い)高齢者を狙ったWEB攻撃 への対策2014

■Google、ヤフーなどの検索サイトの「広告」をクリックしない。

 検索サイトの「広告」は、詐欺サイトやフィッシングサイトへのリンク(そこから手動で実行ファイルをダウンロードさせる。)を紛れ込ませることが出来るので、クリックしない。

■あらゆるサイトのGoogle「広告」をクリックしない。

 Google「広告」にも、詐欺サイトやフィッシングサイトへのリンクを紛れ込ませることが可能。
 これをセキュリティのために推奨すると書いてるサイトやブログって、ほとんどないんじゃないか。
 多くのサイトがGoogleアドセンスを入れてるから、自分のサイトにあるGoogle「広告」はクリックしてもらわないと金にならないので、常識として思ってても書かないことかも。

■あらゆる所(銀行、ショッピングサイトなど)から来たメールに書かれている「URL」をクリックしない。

 ショッピングサイトから「○○特別セール!」とかメールに書いてあって、メールに書かれたURLをクリックすると、偽サイトにリンクしてる可能性がある。
 偽サイトでは、「IDとパスワードのほかに、「特別に」クレジット番号を再認証するので入力してください。」なんて書かれてあれば、容易にクレジット番号がフィッシングされるのが、想像できる。

■セキュリティ意識の薄い高齢者は、インターネットを使わない。または、Windows系OSを使わない。

 上に書かれてあることを読んでもちんぷんかんぷんな、というか、そういう高齢者は、こんな記事読まないだろうけど、管理者の側としては、インターネットを高齢者から遠ざけるのが一番の対策。

 最近の経験上、高齢者ユーザーの多くは、セキュリティの問題を言われても理解できないし、すぐ忘れる。
 また、ネット上から最新のセキュリティの情報を自ら入手することも、とても少ない。

 高齢者ユーザーの周りが、Windowsなど狙われているOSから、まだ狙われる頻度が少ないAndroidのタブレットに移行させるのも有効。
 Androidタブレットは、Googleアカウントを削除して、マーケットに接続してダウンロードできなくする。
 本当は、アプリのアップデートだけ自動で出来て、Androidマーケットから新たにアプリをダウンロードできない設定が必要。

■高齢者向けのパソコン教室は、通わない。

 何々ができる!という内容ばかりで、WindowsPCを使う上で欠かせないセキュリティ対策の内容がほとんど見つからなかった。何かが出来るようになるより、何も出来なくても、ネット、PCでは多数いる攻撃者から自衛する方法をまず覚える必要があるのに。

 何かを覚えてできるようになって、それがゆえに攻撃者から攻撃される状況になりかねない。未然に防ぐには、高齢者向けのパソコン教室には、通わない。
  1. 2014/03/09 (日) 17:45
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 福島県産米がスーパーにない | ホーム | 危険料を払うから、故郷に住めなくなるリスクを抱えなさい >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads