<< 引当金と原発 | ◇ | 東電福島第一原発高濃度放射能汚染水問題はなぜ解決しないのか >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2013年07月29日(月) ◇ NHKが扱う東電福島第一原発事故被害者 (考えたこと)

 NHKが扱う東電福島第一原発事故被害者の特徴。国に不満を言わない人、自助努力で復興に取り組んでいる人。

 2年もの間、警戒区域等を設定して、地域の人から地域を丸ごと奪ったのは、国。
 警戒区域の設定は、国による私有権・生活権の侵害にしか見えないけど、そういう人は、NHKには映ってこない。

 事故自体による外部への汚染の「拡大」は、いいとこ数カ月か半年だったのに、福島中通りよりずっと汚染が少ない地域を、地域の人からずーっと奪っておいて、いきなり戻ってもいいですよって。

 元の地域に戻りたい人は戻れるように、戻りたくない人には生活再建のために、1人当たり何千万円も賠償すべき話。

 2年も死の町にして、仕事も生活も全てを奪ったのは、国です。放射能を撒いたのは東電だけど、地域丸ごと人払いをやったのは「国」だからね。その補償は、国がすべき話。
 訴訟で国と戦ってる人を無視するのは、NHKの扱う「国が国民に見せたい事実」と当てはまらないから。これが国に裁判で勝った人になると、裁判所は「国」の一部だから、とたんに情報を流すようになるNHK。NHKの中の司法担当の案件になるんだろう。

 NHKは、よく見るべきです。よく見て性質をよく知るべき話です。
  1. 2013/07/29 (月) 03:38
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 引当金と原発 | ホーム | 東電福島第一原発高濃度放射能汚染水問題はなぜ解決しないのか >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。