<< さしこ1位の次は、、、 | ◇ | 声優とスキル >>

2013年06月26日(水) ◇ 宇宙戦艦ヤマト2199 第7章 (アニメ、声優)

 うーん、七色星団でドメルがたった4隻の空母でヤマトと挑む事を合理化するために時空間ゲートをヤマトが壊しちゃったから、ガミラス帝国の何万隻といる大艦隊が通常ワープでガミラス帝星防衛に辿りつけなくなった設定を付け加えた結果、第7章でヤマトが波動砲でガミラス帝星を壊しちゃった後、地球に帰るまでの間やヤマトが地球に帰ってから後に、時空間ゲートが直って移動できるようになったガミラス帝国の総攻撃を受けて一瞬で地球が消滅するんじゃないかと思うんですが、地球にヤマトが帰った後のガミラス帝国と地球の事は新作に描かれないから関係ないんでしょうか。

 旧作では、デスラーがヤマトを追撃して、ヤマトに向けて発射したデスラー砲を反射されてしまう描写があるようだけど、そうはならないよなぁ。つか、新作ではガミラス帝星には、たくさんの人が住んでる描写がされてた気がするんだけど、旧作のガミラス星の死闘で、ガミラスが放った磁力網に捉えられてガミラス星の亜硫酸の海に沈められたヤマトが波動砲をガミラス星にぶっ放してガミラス星をぶち壊す話があった気がするんだけど、ガミラス帝星の人々は死んじゃうのか、死ぬ描写があるのか?。

 ガミラス帝星を壊してたくさんのガミラス人を道連れにしちゃったら、大量虐殺だからスターシャに認められなそう。その問題を解消するために、遷都計画用脱出艇をデスラーが大量に作ってて、それでガミラス人がガミラス帝星から脱出する描写を入れるんだろうな。
 この星にしがみついてどうなる、、っていうデスラーの第6章冒頭の独白もその為のフリだろうなぁ。

 で、最初の地球に対するガミラスの総攻撃をさせないために、スターシャがガミラスと地球との停戦勧告を提案して、その条件としてガミラス帝星という住処を失った大量のガミラス人をイスカンダルに受け入れる事を提案しそう、、。ていうか、ガミラス帝星を失って、地球に復讐してこなかったらおかしいだろ。

 新作ヤマトの第7章は、あと4話分だから、ヤマトとガミラス帝星との死闘で2話、ヤマトがイスカンダルに到着して、地球に帰るのに出発するまでで1話。あと1話分はありそうだから、イスカンダルがガミラスとテロン(地球)の停戦を提案する話とか作れそうだなぁ。
 むしろ停戦をイスカンダルが提案しなかったら、旧作みたいにデスラーだけがヤマトを追撃するだけじゃ話が合わないからガミラス側の地球への総攻撃編が生じざるを得なくなって、尺が足りなくなるから、そうなるんだろうなぁ。

 そっか、第6章でユリーシャと間違えられてガミラスに拉致された森雪と一緒に、ガミラスとイスカンダルは一つになるって宣言したデスラーの行とか、あの辺り、なんでスターシャが反論しないのかと思ったけど、ガミラス人がイスカンダルに移住する布石として考えれば、スターシャもまぁガミラス星がひどく壊れてるし、しょうがないか的に思ってたら、ヤマトがガミラス帝星を波動砲で手早く壊しちゃったという、、事なのかなぁ。
  1. 2013/06/26 (水) 18:00
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< さしこ1位の次は、、、 | ホーム | 声優とスキル >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads