<< 八重の桜と福島県民 | ◇ | 体罰と時代 >>

2013年01月29日(火) ◇ 福島の真実 (考えたこと)

 美味しんぼ、福島の真実か。そもそも会津と磐城が福島県ってのが、おかしいんだな。戊辰戦争に負けたから、廃藩置県で県庁所在地を持つ独自の「県」でなく、中通りの「被支配地域」にされたという所から見直さないといけないという。そもそも磐城県、会津県、福島県、に分かれるべきだったという。

 藩時代は独立してた地域が、廃藩置県で被支配地域になったから、県の公的機関がなく独自裁量の行政ができない、だから県レベルで磐城県~浜通りの独自の主張が通らない、独自の磐城県だったら、その地域のエゴがしっかり反映するものなのに、中通り、会津の意見が大きく県の意見に反映するものだから、浜通りに原発が押し付けられた、そう見ていいと思います。

 本来3県であるべき3地域がお互いにけん制しあうから、中央の介入がやりやすい、で、福島県が残されてきました。原発事故で中通りに浜通りの避難地域になった場所よりもたくさん落ちて、それでも避難地域にならなかったのは、皮肉と言えば皮肉。
 プルト知事が仮設住宅を福島県内に建てて福島県民を逃がすまいと必死に、中通りに放射能が落ちてないと2011年の4月にNHKニュースで言って、事実まで捻じ曲げるのかと。で、仮設住宅ができたら、あっさり除染利権を欲しがるために放射能の存在を認める変身ぶり。県が県民を利権を集める道具として扱って、泣く三文芝居をする県知事。

 県は3地域の分断、町は住民が少ないから、東電関連企業が人と金を送りこめば、町議会を掌握できる。
 町と県、どっちも簡単に「民主的に」「飴と鞭で」国が操作できる、それが福島の真実です。
 地域分断と被支配の末に、磐城県(か相馬県)になるべき(だった)浜通りの北半分は死の町となり、文字通りいづれ核のゴミの集積地となるしかないのが、浜通りの真実。
 食べ物で福島の真実なら、会津の未検出の米でなく、文字通り福島市のある中通りのコメを食ってからにしないとです。
  1. 2013/01/29 (火) 02:37
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 八重の桜と福島県民 | ホーム | 体罰と時代 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads