<< ヘレンケラーの読書感想文 | ◇ | 京王線調布駅 設計ミス >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2012年08月21日(火) ◇ 前田敦子 事務所の取り分と夢 (考えたこと)

 前田敦子がAKBを辞めるんだとか。

 AKBって何十人もいる訳で、事務所サイドがギャラの9割取って1割を仮にメンバー10人で割ると、ギャラの1%にしかならなくなる訳で、ある程度顔が売れたら、AKB辞めて1割を本人が取れば、AKB時代の10倍になると考えれば、AKB辞めてからがボーナスステージというか、そこからの稼ぎがほとんど全てになるんだろう。

 稼ぐだけ稼いで玉の輿に乗るのが一番賢いというか、夢が「女優」ならそれが一番いいんだろうなと思いました。夢が女優なら、当然取り分がちゃんと無いと個人事業主として「女優」をやってけない訳です。

 大島優子だって辞めてからの1年でそれまでの10年分を稼ぐと考えれば、20台後半、25歳位でAKBを辞めて、3~4年稼いで引退・結婚・復帰が一番いい人生設計だろう。辞めてからは限られた20代女性タレント女優枠を、AKBと非AKBで争うわけだから辞める人は、少なくともナントカセブン位のランクの人達は、辞めた後AKB萎めって思うんだろうな。

 大島優子と顔面センターさんなら、ランクがほぼ同じ位だから、顔面センターさんがどのくらい売れるかで、大島優子さんと顔面センターさんが枠を喰いあって、AKB辞めてからの売れ具合を見極められるんだろうな。あの二人の抱擁を見ながら、そんな事を思ったなぁと思うのでした。
  1. 2012/08/21 (火) 13:17
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< ヘレンケラーの読書感想文 | ホーム | 京王線調布駅 設計ミス >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。