<< 消費税増税  | ◇ | 何で飯舘村の人は、帰れないのか。 >>

2012年08月15日(水) ◇ 柔道オリンピック金メダルで1億円報奨金 (考えたこと)

 野球ならドラフト1位で契約金1億円。ケイリンだって何億も稼ぐ選手がいるのに、柔道にプロはなく、お金にならないから才能のある子供に親がやらせない。サッカーは、Jリーグがあるし海外移籍すれば億単位もありえます。

 日本柔道を強くするなら、オリンピックで金メダル取ったら税金取っ払いで、1億円報奨金を国が本人に出せばイイ。女子はまともなプロスポーツが、ゴルフぐらいしかないから色んなスポーツに散らばって、女子柔道もそこそこ強いけど、男子柔道なんて金にならないスポーツを一生懸命才能のある子はやらない。

 銀メダルなら、5千万円。銅メダルなら、2千万円位かな。メダルの価値をお金で換算するなと言われそうだけど、アスリートの価値はメダルの価値で、それに見合った報酬を出すべきです。報酬を出さなきゃ、誰もやらないだけ。
 男子マラソンもそう。実業団に入って肩身の狭い思いしながら広告塔扱いされて、駅伝なんかやらされて、マラソンにコンディションを合わせられないんじゃ、才能がある人はケイリンをやるだろうな。

 男子マラソンとか男子柔道の金メダルを取れば、1億円の報酬が得られる。そういう夢がなきゃ若い男子は必死に汗まみれになってやらないです。オリンピック柔道で金メダルなら1億円報奨金を出せば、競技力強化効果があるでしょう。
  1. 2012/08/15 (水) 13:59
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 消費税増税  | ホーム | 何で飯舘村の人は、帰れないのか。 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads