<< Xiカケホーダイ | ◇ | ガンダムAGEが面白くない訳 >>

2012年02月04日(土) ◇ 「原子力規制庁」は、不適切 (考えたこと)

 アレを原子力とか呼ぶ事自体、実態を表現していません。科学的に、核分裂しているかどうかは、実際住民にとっては関係のない話です。大切なのは、超強力な毒を大量に入れた釜で水を沸騰させて発電する施設という事です。
 「核毒釜発電所」と呼ぶのが、実態を表現した名称です。略するなら「毒発」。
 巨大で超強力な毒釜をぐつぐついわせて電気を作る、そんな死神か悪魔の巣窟にある様なモノです。

 なので「原子力規制庁 原子力安全庁」は不適切で、それを監督管理する役所の名称は、「核毒釜管理庁、核毒釜監督庁」あたりが、実態を表現した名称です。
 「核毒釜安全庁」、、なんて笑える代物も浮かびました。安全な核毒釜ってなんだよ、それ的な。

 で、核毒釜発電所の建屋パネルには、ゴシック体で大きく「核毒」って大きく書くべきです。4面どこから見ても、「核毒」ってデカデカと書いてある、、そうしないと、実体を表してないという。
 そうやって巨大で深刻な危険がある施設は、外観で表現しないといけません。あの施設の建屋パネルが真っ白なのが不思議でした。露骨な隠ぺい、印象操作です。
  1. 2012/02/04 (土) 20:30
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< Xiカケホーダイ | ホーム | ガンダムAGEが面白くない訳 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads