<< 双葉町長「ここに施設(中間貯蔵施設)を造れと、誰にも言われたくない。」 | ◇ | 福島が好き >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2012年01月19日(木) ◇ 木下黄太 (考えたこと)

 木下黄太氏のブログの様に、福島第一原発による放射線の被ばくによる健康被害が「ある」という前提でたくさんの事例を集めて調べないと、実際に「ある」かどうかはわからないという事。
 「ない」という前提に立って、調査しなければ、個別の医師の診断では、因果関係が証明できないこと。すなわち、「ある」という事についての積極的な答えは生み出されない事。

 この2点から考えても、今回の首都圏まで含めた放射性物質の大量拡散による健康被害が「ある」という前提に立って調査をして、たくさんの事例を集めてはじめて「ない」という事についても、積極的な答えが生み出されます。

 心臓疾患で亡くなった方の心筋のセシウム含有量について一定数調査すれば、セシウムと心臓病の因果関係について高い確定度合いの推論が得られるだろうと思いました。「木下黄太 ブログ」で検索する人もいるかと思いますが、木下黄太氏のブログを読んで背筋が寒くなる思いをしています。木下黄太氏はブログに、「首都圏から女性や子供は避難するべきと考えている」と書いています。

 被ばくした牛の内臓や筋肉のセシウムの調査を別の新聞記事で読みましたが、心臓は書いてなかったです。
  1. 2012/01/19 (木) 15:32
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 双葉町長「ここに施設(中間貯蔵施設)を造れと、誰にも言われたくない。」 | ホーム | 福島が好き >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。