<< 沼津 津波 | ◇ | 双葉町長「ここに施設(中間貯蔵施設)を造れと、誰にも言われたくない。」 >>

2012年01月16日(月) ◇ 原町高校の放送部 (考えたこと)

 原町高校の放送部の番組をNHKのクローズアップ現代でやってました。
 鼻血を出してる子供がいて被ばくが原因じゃないかとか、原町より福島市の方が、むしろ放射線量が多い、放射性物質の降下量が多いとか、そういうtwitterや木下黄太のブログに書かれるような事は、NHKがカットするんだろうなぁなどと思いつつ見てたら、カットするどころか、そういう認識にすらないと思わせる高校生の「本音」映像が見れて、ネットとかスマホとかケータイとかやってるのに、田舎の高校生は、情報を正しく捉えてないんだろうかと思わせる映像でした。

 Youtubeとかで山の様に福島県の原町の放射線量を測定した動画や、実情を記録した動画が上がってるから、今の時代、高校の放送部が捉えた映像に意味があるとすれば、彼らがどう思って、どういう意図で撮影したのかを捉えている事になります。
 つまり原町高校の放送部は映像を「撮る」側ですが、何を撮ってどう編集しているか、で、原町高校放送部自体の「認識」が記録されます。原町高校の放送部は、NHKを手本にしてるみたい。国と地元、国民、県民との利害が相反した事項については、NHKがしれっと知らんぷりする事が、改めて明確になったんだけど、東京電力福島第一原発事故の記録で、原町高校の放送部もそれを踏襲してるのか、NHKの編集でカットされてるのか知らないけど、ガイガーカウンターの一つも出てこない映像となっていました。

 現実の中で県や国にとって「都合のよい部分」を記録する気概が高校生の放送部に及んで、原町高校の放送部自体に影響を及ぼしている様子が伺えました。

 原町高校の放送部は、サテライト校として福島市に教室があるのに、そこの線量すら計測しないで、何のためのというか、彼らは高校生だから自身の生活の場の放射線量をまず計測、記録するべきだろうに、まったく何も分かってないのか、わかってないふりをしてるのか。
 NHKの真似をして、国や県と高校生で利益の相反する事は記録・放送しない、従順な田舎の高校生がやってるのが原町高校の放送部と思いました。
  1. 2012/01/16 (月) 21:01
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コメント

2012年03月22日 ◇ 

通りすがりの原町高校出身の者です。
あなたも情報メディアに踊らされている1人なんですね。
あなたは大人の目線から見下ろすような形で見ていらっしゃるようですが、高校生の彼らと同じ目線で考えることはしていないようですね。
読んでいて不愉快でした。
  1. 2012/03/22(木) 07:22:04 |
  2. URL |
  3. なめこ #-

2012年03月22日 ◇ コメントいただきありがとうございます

>あなたも情報メディアに踊らされている1人なんですね。
 なんのこっちゃわかりません。

>高校生の彼らと同じ目線で考えることはしていないようですね。
 自分が高校生ならっていう視点で、考えたんだけどね。高校生なら放射能や原発が何者か位知ってるだろうし、大人が教えなくてもスマホやパソコンで情報を集められるじゃん、そこからNHKなりは、国や県に都合のいい情報を切り取って放送してるんだよ、っていうね。

>読んでいて不愉快でした。
 NHKが、現実から国や県に都合のいい情報を切り取って流す事を、高校生に認識してもらいたい趣旨の記事だから、それを認識できない人には不愉快になるだろうと思ってます。

 NHKのマネは、地域のためにならない意味で非常に危ういです。高校生にもなったら、気づけよ的なね。
 そこを記録しない、マネするのが地域の空気、まぁNHKで醸成された地域の空気なら、その空気は読めてるんだけどね。
  1. 2012/03/22(木) 10:47:15 |
  2. URL |
  3. ブログライブ管理人 #X58qEjZ2

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 沼津 津波 | ホーム | 双葉町長「ここに施設(中間貯蔵施設)を造れと、誰にも言われたくない。」 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads