<< なんで新幹線は脱線しないで、原発は爆発したか。 | ◇ | 東京 放射能 >>

2011年11月17日(木) ◇ 630ベクレル 福島の米 (考えたこと)

 以前に見つかった500ベクレル/kgの米はサンプル調査の結果ですから、統計学的に捉えると、それが最大の汚染米と証明されていません。よって、調査されてないお米に、より汚染された米が存在する可能性があると考えられます。500ベクレル/kgを超える米は、見つからなくても存在する事は、統計学的に必然といえます。

 なのに、安全宣言を出した県と国の調査は、完全にメンツが潰れました。これで外食産業用や加工用(おせんべいとか)で福島米を買っていた業者も、福島米に二の足を踏む事が考えられます。

 500ベクレルが国による出荷停止の基準なら、サンプル調査で採る基準には、その何倍かの安全倍率をかけた基準をとって、(例えば50ベクレル以上の汚染が見つかった地域の米は出荷しないという方法で)国の基準を超える米を排除する必要があります。

 630ベクレル/kgの米が県や国の調査外で見つかった事で、県や国の調査と規制方法では、国の基準すら守れない事が示されました。県の担当者は、サンプルを増やして対応していると言ってましたが、それじゃ不十分な事をわかっててやったのでしょう。安全倍率をかければ、中通り、浜通りの広い地域が、出荷停止の対象になると考えられるからでしょう。

 統計学的な安全性への推論を犠牲にして、安全宣言を出した県や国。福島米は、市場での商品作物としては既に大きく信頼を失っているでしょうが、これで国の安全宣言すら信頼性が失われて、外食産業や加工米、給食用米の側も、拒否する名目が立ったと考えられます。
  1. 2011/11/17 (木) 23:27
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< なんで新幹線は脱線しないで、原発は爆発したか。 | ホーム | 東京 放射能 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads