<< GA-H61M-USB3-B3 | ◇ | 630ベクレル 福島の米 >>

2011年11月17日(木) ◇ なんで新幹線は脱線しないで、原発は爆発したか。 (考えたこと)

 武田先生が、こういうタイトルの記事を書いてました。見て面白いタイトルと思いました。同じ視点から、記事を書いてみたいと思いました。

 原発は、アメリカ産の技術、一方、新幹線は、日本産の技術です。

 福島第一原発は、アメリカのGEの技術をそのまま持ってきて、あの場所に元々あった崖を削って低くして津波に遭いやすくしてまで建てたモノです。最初から福島第一原発は、15~20m級の津波対策や震度6の地震に対する耐震性という、日本特有の事情は無視されて建てられていました。
 「その過ちを糺す=原発の運転を停止し廃炉する」選択、それは同時に「欠陥がある」原発を作った事を認める選択ですが、それを「電気エネルギーの安定供給」や「核技術の保持」を優先して、電力会社も官僚組織も採りませんでした。

 新幹線は、最初から日本で戦前から弾丸列車として開発されて、戦後になって実現した技術です。
 200km/h超の速度を出して運転する列車は世界に他に無く、新幹線を運転するには「絶対に安全である事」が求められました。在来線でも鉄道ネットワークとして十分に機能するので、在来線と同レベルの安全性が、200km/h超の新幹線に必然的に求められる事となりました。
 つまり、新幹線においては、最初から在来線と同レベルの安全性を実現する事が、新幹線を運転する事より上位の、最も上位の目標として掲げられていました。

 以上から結論を導くには少々乱暴と思いますが、日本人が日本の技術としての積み重ねが結実したモノが新幹線であり、安全を最優先に考える事になり、そうでない技術が現在の「原発」であり、安全を2番目、3番目、4番目に考えている技術になります。
 原子炉自体が、元々アメリカの軍事技術の転用で、そこから莫大なエネルギーを得る事が第一であり、それを得る事が行われている国があるため、日本も競争するために、それを導入したのが歴史です。
 原子力が生み出す莫大なエネルギーは、莫大な金、富を生み出し、権力の源泉になります。日本で原子力事業でお金儲けに手を染めた国、人、会社。それらは、このアメリカ産技術がもたらす金と富、権力に操られて亡者となりました。

 40年前の出鱈目な原子炉を今も使い続けるという「三つ子(みつご)の魂(たましい)百まで」と言いますが、最初に原発を作った時の「偽り」が、その業界の「魂」に据えられて、変えられる事まで見ない業界になった事と思いました。
  1. 2011/11/17 (木) 02:31
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

コメント

2011年11月17日 ◇ risk management

子供の時から思い込みが強いほうで、損ばかりしている。
子供のころは、「日本は必ず勝つ」という軍国主義の神話を教えられ、それを固く信じていた。
この軍国主義は、原爆であえなく崩れ去った。
戦後は、「平和利用の原発は絶対に安全である」という原発主義の神話を教えられ、それを信じていた。
この原発主義の神話は、今回の東日本大震災であえなく崩れ去った。

何せ、我々は、丸暗記と受け売りの学校教育しか受けていないので、もちろん問題を解決する能力は持っていない。
だが、事態を台無しにする力だけは持っている。だから、世の中は難しい。
この無軌道が我が国を迷走させる原因となっていて、自分自身にとって危険なものになっている。

日本人に危機管理はできない。
自分に都合の良いことは思惑通り、悪いことは想定外とする。
縁起でもないことを口に出してはいけない。言霊の効果が恐ろしい。
だから、最悪のシナリオなどというものが他人に知らせられるはずがない。
あとは、他力本願・神頼み。
はらいたまい、清めたまえ。

我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
疾走する弾丸列車が貨物列車に激突したらどのようになるか。

悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
天下泰平の気分を壊したくない。

自分に都合の良いことだけを考えていたい。
それ以外の内容は、想定外になる。

ただ「間違ってはいけない」とだけ注意を与える。
「人は、誤りを避けられない」とは教えない。
「お互いに注意を喚起し合って、正しい道を歩まなくてはならない」とは、考えていない。

もしも自分にとって都合の悪いことが起こったら、びっくりする以外にない。
そして、「私は、相手を信じていた」と言い訳するしかない。だから、罪がないことになる。

危機管理は大の苦手。
だが、ナウな感じのする犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

日本語には時制がないので、未来時制もない。
未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。
一億一心のようではあるが、内容がないので建設的なことは起こらない。
お互いに、相手の手を抑えあった形である。すべては安全のためか。不信のためか。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
  1. 2011/11/17(木) 03:10:56 |
  2. URL |
  3. noga #sqx2p0JE

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< GA-H61M-USB3-B3 | ホーム | 630ベクレル 福島の米 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads