<< 避難準備区域解除 | ◇ | 宮本 肺炎 放射能 >>

2011年10月06日(木) ◇ PC2-6400 (DDR2-800) 2GB (PC携帯ゲーム)

 ソーテックのBJ5716P(Pentium Dual Core 2GHz シングルチャネル)を、BIOS設定でFSB 800MHz→1066MHz にクロックアップして、CPUを2.0GHz→2.6GHz動作にして、PC2-6400 (DDR2-800) 2GBメモリを1枚追加して極めて安定して使ってました。

 最近、PC2-6400 (DDR2-800) 2GBメモリが上海問屋で、1400円と安くなっていたので購入して、購入時のDDR2 PC2-5300 (DDR2-667) 2GBメモリと取り替えました。
 メモリ交換前は、BIOSが自動で遅い方のPC2-5300に合わせ、メモリはバススピード(266MHz)の1.25倍、333MHz、転送速度は、5.3GB/sで動作してました。
 メモリ交換後は、PC2-6400メモリが2枚となり、メモリはバススピード(266MHz)の1.5倍、400MHz、転送速度は、6.4GB/sになりました。

 FSB 1066MHzで、CPU・メモリコントローラ間の転送速度は、8.5GB/sですが、メモリ交換前は、メモリコントローラ・メモリ間が、5.3GB/sで、メモリ交換後は、6.4GB/sとなりました。効果は、ブラウザの複数タブを同時に開いて、すぐに切り替えた時に数秒待たされたのが、サクサク切りかえられ待たされなくなりました。
  1. 2011/10/06 (木) 00:23
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 避難準備区域解除 | ホーム | 宮本 肺炎 放射能 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads