<< 福島米 不検出 | ◇ | 脱原発依存 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2011年09月18日(日) ◇ 原発事故 タブー (考えたこと)

 戦前は天皇が統帥権を持ち軍隊を動かす事を否定的に論じる事は、タブーとされました。特別高等警察がやってきて、治安維持法違反、危険思想の持ち主として投獄されたのでした。

 ついこの間まで、2011年3月11日に東日本大震災が起きて、福島第一原発が爆発事故を起こすまでは、原発の安全性に疑問を呈する事は、タブーとされました。原発は、とても危険な放射性物質を大量に使って発電してるのに、それは絶対に漏れ出ないという国の「方針」でお金がバラ撒かれて、NHK、民放、地方自治体、民間企業、学者、科学者、芸能人が従ってきました。

 特別高等警察がお金に変わったという事ですが、本質は同じ。お上に従う事で利益を得て、物事の本質について深く議論する事が失われたという事です。ビートたけしが流行らせた言葉で「赤信号 みんなで渡れば怖くない」というのがありましたが、実に日本人の本質を衝いていると思いました。

 日本人は、大学入試で知識をたくさん覚えて出す勉強をして、物事の本質を深く考える事を避けてきました。
 で、みんながそう言っているから、という事で、多数派とお金に従う事で、豊かさを享受しました。
 今で言えば、福島原発の周辺を「死の町」という事をタブーにして、どうしてそうなったのかについて考えて行動する事をタブーにしました。福島や東京、海に流れ出た放射能でも「安全」という安全神話にしました。
 国が「ただちに健康に被害はない」と言った時に、大量に撒かれた放射能が甲状腺がんや体にどんな影響を与えるのか、真剣に議論するメディアがあるでしょうか。何も変わっていません。

 国がこうだと言った事が間違っている場合に、それを覆す能力が日本人には欠けています。お金も権力もある国。なので、それに従って意見をいい、行動して利益を享受する方が、目先豊かになれるのです。で、揃って突き進み、大きな破滅を見る。
 その意味で福島第一原発事故は、第二の敗戦といえます。原発がどんなに危ないものか、ハイリスクなものか、日本を沈める力がある事がわかってて、無視して突き進んだ結果です。

 そういう意味で、日本人は真剣に考えて「答え」を導き出して、国の間違いを糺す歴史経過を辿っていない事が、一番の欠点、そのためのシステムを持ち合わせていない事が社会的な欠陥といえます。
 議論し考えることは、「正解」を示す事と異なります。社会学的に考えれば、「福島県民を避難させるべきか。」とか「東京都民は避難するべきか。」に明快な「正解」があるとは思えません。
 でも、それは正面から向かい合い議論し考えるべき事です。「正解」が無くても、知性に従って「答え」を探す議論をして「答え」を出すべき事柄です。

 「原発事故をタブー」「放射能の健康被害をタブー」にしている現状は、一番得るべき教訓を得ない状況です。
  1. 2011/09/18 (日) 21:23
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 福島米 不検出 | ホーム | 脱原発依存 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。