<< もんじゅ 未来 | ◇ | ひまわりの種 >>

2011年09月09日(金) ◇ 福島を食べて応援 (考えたこと)

 世の中、変わるモノで、国がタバコをどんどん国民に吸わせて、で、タバコは健康に悪いから税金を引き上げるなんて事を平気でやる訳です。ヒロポンも戦時中は合法だったわけで、国の正しい間違ってるは、国の都合で変わります。当時は、副作用より国の軍隊で忠実に働く兵員である事の方が重要だったから、医者はヒロポンの副作用研究をしなかったのでしょう。

 東電福島第一原発事故までは流通できない量の放射能が含まれている農産物でも、基準を一気に引き上げて、「微量の」セシウムだから、みんなで食べて福島を応援しよう!東北を応援しようとやるわけです。科学的にどうであれ、国際的にどうであれ、福島の農産物を食べても安全という基準を国は作って、他人の田んぼや畑を放射性物質で汚した責任を回避しています。

 福島を食べて応援、復興を応援より先に、子供たちを逃がすべきだし、本当の意味で「福島を食べて応援する」なら、土壌の放射性物質の汚染を元に戻すのが、第一に行うべき応援です。
 東電福島第一原発の爆発は、東日本を汚染し、海、そして西日本へも広がる大汚染となりました。そして国は、何百兆円とかかる除染より、放射能汚染されたモノでも安全と言って国民に食べさせる事を選びました。タバコを吸わせる様に、ヒロポンを使わせる様に、国の都合で黒いモノを白いという宣伝です。

 国が原発を監督して役人が天下りして電力会社が独占して利益を貪り、欠陥原発事故の責任は、国民が被曝してとればいいと思う人は、放射能に汚染された食材を食べて、「福島を食べて応援」すればよいと思いました。
 幸いまだ、国民に無理やり汚染食材を買わせるまでは行ってません。一人の人間として、家族、地域の一員として、生き残るために何を口に入れるかは、個人や家族、企業レベルで選ぶ世の中です。
  1. 2011/09/09 (金) 20:11
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< もんじゅ 未来 | ホーム | ひまわりの種 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads