<< torne フリーズ | ◇ | NHKと民放と気温と放射能 >>

2011年08月11日(木) ◇ 管首相 週刊朝日 (考えたこと)

>首相:地震・津波・原発の「3重のリスク」を負っているのは、米国西海岸と日本列島、世界に2カ所しかありません。しかも日本は広大ではないので、原発の事故が最悪のケースになれば、国家の機能が停止してしまいかねません。
>首相:官邸では、目の前に原子力安全委員長はいるけれど、現場を見て判断しているわけではありません。保安院も色々いうけれど、どこまで状況を把握しているのか、わからない。生の情報をいちばん持っているはずの東電も、現場から私に伝わるまでに伝言ゲームのように人が介在し(以下略)

 「安全です。爆発しません。」って言われたんだろうな。で、爆発寸前の1号機を視察して胸を張る羽目になって、周りがみんな信じられなくなったんだろうな。客観的に見て、あそこにあのタイミングで行くのは、キチガイだものな。
 3重のリスクか。その通りだな。で、次の原発大事故を起こしたら、日本滅亡という。こんな状況なんだから、脱原発は、国家危機管理的には当然だけど、利権に群がる連中は、いざとなったら金持って国外に逃げればいい位に思ってるんだろう。原発全部廃止を訴えて、解散すればいいのに。
  1. 2011/08/11 (木) 22:01
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< torne フリーズ | ホーム | NHKと民放と気温と放射能 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads