<< 中国鉄道事故と福島第一原発事故 | ◇ | カ’ノ首相がフタツマ第三原発を再視察 >>

2011年07月31日(日) ◇ 御用学者は、なぜ嘘をつくか (考えたこと)

 水虫の薬の話を考えてみたいと思います。

 今の水虫の薬は、つけたからといって一定の効果が無いわけでもなく、かといって、水虫が治る程でもありません。世の中から水虫を駆逐できる程の効果が無い、個体から水虫を無くす程の効果が無いという位と思います。

 で、企業がたくさん水虫薬を販売しているのですが、もし安価で大量に生産でき確実に水虫が治る薬が出来たら、水虫薬を研究している研究員は、研究が終わるので仕事が無くなってしまいます。
 企業は、開発されたレシピに従って水虫薬を作り、一時期は大量に販売されるでしょうが、水虫自体が根絶されてしまい、水虫薬で現在売り上げていた売上は、大幅に減少する事になるでしょう。

 学者、研究者が、研究というか、研究で生活するためのお金が得られるのは、研究(水虫薬)が「不完全」であって、かつ水虫薬を売る企業があって、お金が流れてくるからです。企業にとっても、他社より劣る水虫薬であっては困るので研究者は必要ですが、「完全」な水虫薬は、商売と相反するので、その研究を封じ込める方向に動きます。その研究を封じ込めるために、研究、情報を集める事になります。

 ここでわかるのは、研究で「生活する」ためには、お金のあるスポンサーがお金を儲け続けるために、研究する事が必須条件になる訳で、真理とか事実の解明や、世の中のためになるかどうかは、二の次になるという事です。
 スポンサーからお金が回ってくる事を研究しない人は、淘汰されていなくなるという事です。

 スポンサーは、企業、国、県、私立大学が考えられます。国立大学、県立大学は、国や県が運営する大学なので、国や県の意向に沿った研究や発言をする人が、研究をし続ける事になります。国や県が嘘をついても、それを否定する事を研究者はしません。「研究」を「生業」としている以上、スポンサーを否定しません。

 スポンサーを擁護するために、「研究成果」と国や県の利益が矛盾しないように「発言」「研究」「調査」をする御用学者は、こうやって誕生します。研究成果、調査結果を全て県や国の大学が握っているという事は、それらがなかった事にする事も可能です。調査結果があっても、そういう見方をしない事ができます。ただの紙切れとして極秘にしまっておく事です。

 こういう御用学者の行動は、国や県と利害が反する「世間」から見れば「嘘」をついている事と同じに見えるでしょう。御用学者の「嘘」は極めて巧妙で、情報を隠ぺいして、認識できる事をしない、推論できる事をしない、それらに反する人を排除する事が特徴的です。

 原子力の世界での御用学者の仕事は、原発安全神話を流布する事でした。福島第一原発事故後は、国は賠償を減らすために、県は県民を減らさないために、放射能安全神話を流布する事になりました。
  1. 2011/07/31 (日) 19:01
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



皮膚科医が驚いた脅威の治癒率

あなたも、この水虫撃退法と知識を手に入れておいてください。そうすれば、今後一生涯、水虫になるたびに皮膚科に行くなどという非効率な生活を送る必要はなくなるのです。
  1. 2011/08/03(水) 09:39:33 |
  2. 女性にも良く効く10日で治す水虫撃退法

水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。

水虫薬を一切使わずに人に言えない水虫から開放されて21日後にはきれいな足になる方法があります。
  1. 2011/08/05(金) 21:28:34 |
  2. プロが教える水虫撃退法
<< 中国鉄道事故と福島第一原発事故 | ホーム | カ’ノ首相がフタツマ第三原発を再視察 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads