<< 節電 企業 | ◇ | 牛 セシウム >>

2011年07月09日(土) ◇ グリーンカーテン (エコ)

 グリーンカーテンを作るより、窓によしずをかけて散水すればいいです。グリーンカーテンは、朝植木鉢にかけた水の温度と外気の温度の差以上に冷やす効果はないし、散水するのと冷やす効果は変わりません。
 今、腐葉土買っても、放射能に汚染されてる事があるし、そんなもの掴まされたら、逆に土壌汚染するだけ。

 あと、屋根の高い所に穴をたくさん開けた配管を一本通して、そこから水が屋根の上にちょろちょろ出てくるようにしとけば、その水の温度の冷たさで屋根が冷やされて、屋根の温度が下がり、部屋の温度が下がるはず。
 水不足になってないんだし、水道管を屋根の上まで引きまわして、スプリンクラをしても同じ効果。
 すごく安上がりに作れて、効果的な冷却法と思います。安上がりすぎて、売上にならないから、ソーラー温水器とか言って、凄くコストのかかる商品にするんだろうと思いました。

 何にもない所にただ水を撒くのが抵抗あるんだろうけど、クーラー使って危険な原発に頼るよりは、ずっとエコです。植物を使ってないから、水が不足したら、すぐに止められるので柔軟性が高いです。

 グリーンカーテンみたいに水を撒いて植物を育てる方が、一見有効な水の使い方に見えるんだろうなぁ、そこがエコの非合理的な所と思いました。
 暑くなる前からずっと水道水を使い続けて、寒かろうと水が不足しようと枯らさないように毎日水を使い続ける方が水の使用量は多くなる、というか、暑い日だけ水道水を散水に使えば、トータルで水の使用量を減らせます。
  1. 2011/07/09 (土) 03:22
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 節電 企業 | ホーム | 牛 セシウム >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads