<< 節電 熱中症 | ◇ | 節電 タライ >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2011年07月05日(火) ◇ 放射能安全神話 (考えたこと)

 松本復興大臣が辞めて、福島県知事を辞めさせられない?。

 発言が上から目線とか、政策の本質でない部分でしか捉えられないのは、民主主義の限界と思いました。
 1kgあたり200ベクレルのセシウム堆肥を汚泥から作ってバラ撒くとか、福島の中通り(福島市、郡山市、二本松市など)の平常(0.04マイクロシーベルト)の20倍、0.8マイクロシーベルト以上の地域でも子供を避難させないとか、そういう事は、情報操作でテレビで詳しい情報を国民に与えない事で、平和で民主的に、土壌汚染政策や、子供を避難させないとかで、子供や大人への被曝が着々と実行されたりすると思いました。

 どっちが酷いかというと、上から目線の言葉じゃ人は死なないわけですが、テレビの前の視聴者はそれで煽られるわけです。一方、セシウム堆肥や福島20倍放射線の情報は、テレビで流されず、視聴者にも届かない訳です。
 平常の20倍の放射線を毎日浴びてたら、健康に被害が及ばない訳ないだろうと思いますが、そういう言及の仕方をテレビは避けています。
 テレビがいかに民衆をバカにしているのか、逆に今時テレビだけを見ている民衆の民度がこんなものだから、官僚に騙されるのか。テレビは、娯楽だし笑いは免疫を活性化させるのでいいとは思います。
 でも、テレビ、新聞だけじゃ、完全にだまされます。国が伝えたくない概念的情報(放射能は目に見えないから概念的になります。)は、詳しく伝えない事で、国民に反応させない事ができます。

 そうやって「原発安全神話」を埋め込んできたし、今は「放射能安全神話」を埋め込もうとしているんだなぁと思いました。いづれ福島で何が起こるかで、その10分の1の被害が、通常の放射線量(0.04マイクロシーベルト)の2~3倍(0.08~0.12マイクロシーベルト/時)をもたらすセシウムなどの放射性物質が降った東京で、外部被ばく、内部被ばく(関東平野のモノを食べたり、空気のチリを吸い込んで)を続けて、これから10年で起こるんじゃないかと危惧する。
 そういう視点を「情報操作と民主主義」で、国民に作らせないようにしていると思いました。
  1. 2011/07/05 (火) 13:48
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 節電 熱中症 | ホーム | 節電 タライ >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。