<< EC-CT11 | ◇ | 尿 セシウム >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2011年06月30日(木) ◇ 節電 目的 (エコ)

 武田邦彦先生のブログは、事故前から見てて、事故後は毎日読んでます。
 計画停電の件は、およそ武田先生の言うとおりでしょう。計画停電は、火力発電所の耐震の不備と(遊休設備が壊れた事)が大きな原因でしょう。で、どの程度地震で火力発電所が壊れたのかを隠ぺいしてるので、必要かどうかまでわからないと思いました。情報を出さないで、議論の仕様がない所に追い込む汚い手口と思いました。

 今夏の節電も東電が「本日の」最大供給量と言ってる奴ですが、あれは「今日使える」供給量で、発電設備全体の最大供給量を隠していると思います。今日供給できる量と、今夏最高に供給できる量は違います。火力が火を入れてから発電できるまでのタイムラグがあるからというのが表向きの理由のようです。

 要は今夏最大で供給できる量がわかってしまうと、柏崎原発を止めても(およそ500万キロワット減)、今夏の電力が供給できる事がわかり、原発が無くても電力が供給できる事がわかってしまうために隠しているのでしょう。

 節電しなくて原発を止めても、電力が足りるかを、国民が判断できないように、情報を隠しています。

 事故があっても、何も変わらないのがこの東電の隠ぺい体質。独占による弊害が酷いと思います。

 およそ、このまま原発が次々と止まっても、停電にならない発電設備は有しているから、情報を隠して早期に原発を再開しようとしるのでしょう。ずるずると止まっていって、火力だけで電力が足りる事態が露見するのが、一番怖いのでしょうから。

 情報を出さない限り、節電に反対するという知事の意見は至極まっとうと思いました。

 今夏の最大供給電力量の情報を出さない事で、「原発必要=節電不要」派と、「原発不要=節電必要」派に、分断されているのかなと思いました。

 実は「原発不要=節電不要」が現実である可能性も高いのですが、東電はそれを知るための情報を隠しています。もしそうなら、なんであんな危険な原発を動かしていたのかという話にもなるし、原発不要論にもつながります。

 「原発不要=節電不要」がを隠すのが目的でないと、今夏の最大電力供給量を隠す理由がわからないことからも、およそ外してないと思います。行政(府知事)にすら、それを隠すっていうのは、それを隠すのが目的と信じるに足る根拠と思いました。

 一方で日本が資源国でない以上、火力だろうと、節電は国是にならないといけないと思います。原子力が明らかに要らない位、「楽しく・合理的に」節電して原子力不要を言えばいいと思いました。昨夏より、原子力分節電できて、楽しくて合理的に産業も動けば、原子力は要らない事になります。

 同じ「節電 目的」でも、国が持っていきたい目的と、あるべき目的が違うと思いました。
  1. 2011/06/30 (木) 21:23
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< EC-CT11 | ホーム | 尿 セシウム >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。