<< NHKの見方 | ◇ | 福島第一原発事故 >>

2011年04月21日(木) ◇ 原子力タレント (考えたこと)

 原子力タレントの皆さんがどうこうというより、意見広告という形で税金を使ってマスコミやタレントを買収して、原子力の安全神話をバラ撒いてきた原子力行政の方が、問題なんじゃないかと思いました。

 「原子力タレント」というと、星野仙一さんが、関西電力の原子力タレントです。東北楽天の監督さんです。福島の方は、こういう経緯を知ってらっしゃるのでしょうか。
 草野仁さんは、東京電力の原子力タレントさん。岡江久美子さんは、地層処分の原子力タレントさん。

 「賛成」に意見広告で税金をバラ撒くのと、同じ額を「反対」の意見広告にも税金をバラ撒かないと、正しい世論は生まれないんじゃないかと思いました。国が税金で、世論を一方的に誘導、形成した結果が、地震に耐えられない原子力発電所の今の危機的状況を生んだんじゃないかと、とても心配になりました。

 火力がCO2を生む意味で、環境に良くない発電なら、原子力は事故が起きたら放射能で周り一面人が住めなくなる意味で、環境に良くない発電という事を理解しないといけないと思いました。
  1. 2011/04/21 (木) 23:44
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< NHKの見方 | ホーム | 福島第一原発事故 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads