<< 草野仁 | ◇ | 標高 アンドロイド >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2011年03月31日(木) ◇ 気仙沼市 津波 (考えたこと)

 東北地方太平洋沖地震、同時に発生した津波で亡くなられた方に、哀悼の意を表します。

 気仙沼市の津波のビデオをニコ動で見ました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13977990
 、、、絶句。この津波に耐えられる防波堤とか作る事が出来ないんじゃないかと思いました。高さ20m弱、時速40km位、長さにすると1km以上の海水の塊が、次から次へと陸へと押し寄せて、車も人も建物も飲み込んでゆきます。

 撮影者のいる建物は、7階以上のコンクリートの建物、映ってる建物は、気仙沼市の合同庁舎(8階建て)です。

 陸に津波が到達してから、わずか3分後には、撮影者の周りは全て高さ15m以上の濁流の中。気仙沼市の地形も相まって、こういう津波になったと思われます。気仙沼市はどうやって復興するのかと思いました。こんな津波が、100年に一度来るとわかって、海沿いに住めるだろうかと思いました。

 高台以外は、全部津波に飲まれた気仙沼市。そんな恐怖を心底味わいました。「津波 気仙沼市」とか「気仙沼市 大津波」で検索する人もいるのかと思いましたし、気仙沼市以外にも、東北地方の各地にこういう津波が押し寄せたと思いました。

 ケータイでも簡単にHD動画が撮れるようになって、こんな映像が残る、、残った事は後世への遺産となると思いました。こんな事、文献に書いてあっても想像できないレベル、動画があるからこそ正しく後世に情報が伝わると思いました。
  1. 2011/03/31 (木) 11:20
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 草野仁 | ホーム | 標高 アンドロイド >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。