<< EOS Kiss X4 ダブルズームキット | ◇ | 八王子そごう 閉店 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2011年02月24日(木) ◇ グル―ポン 問題 (考えたこと)

 テレビでグル―ポンのたい焼き問題をやってました。見てて理解した範囲では、グル―ポンのビジネスモデルは、消費者に定価の「5割引」でクーポンを発行すると、売上は定価から50%減る、さらに定価の25%(売上の半分)は、グル―ポンが持ってゆくというシステムとやってました。

 店は、クーポンを持って来た客に定価の50%引で売り、グル―ポンに、定価の25%持っていかれるシステムみたいです。これでは店に残るのは、定価の25%だけ。普通に考えて、原価率が定価の5割だったら、クーポンで売れるごとに、定価の25%ずつ赤字が発生する事になります。

 固定費が多い(満室になってもならなくても、全館分の暖房費、維持費がかかるホテル等)業種の場合は、(空室だった部屋が埋まるだけで、)変動費が増える事は少ないけど、売上毎に(材料の)変動費が多い業種は、ものすごい広告宣伝費がかかる事になるな。
 クーポン偽造は簡単に出来て、グル―ポンは損せず、店はチェックできなくて商品は提供して売上がグル―ポンから入ってこない。既存客が多い店はクーポン客に替わるだけで、固定客増加にならないパターンも考えられます。

 これが、グル―ポンの問題か。なるほど、クーポン使用を拒否する店が出てきても不思議じゃないな。クーポンが使われない程、店は儲かるしなぁ。クーポンが売れても使われて、正しいクーポンとしてグル―ポンに渡されない限り、売上が店に入んないのも、運転資金上、問題になる店も多いだろうなと思いました。

 グル―ポンの偽造クーポンが使われたら、売上が一切店に入ってこない、損を全部店側が負担する所が通常の割引クーポンと異なると思いました。
 現金売上で、店に売上が入る割引クーポンなら、偽造クーポンでも5割なりは店に売上が入るけど、グル―ポンの偽造クーポンだと一切店に売上が入らない点は、グル―ポンに有利、店にとっては、壊滅的被害を受けかねないシステムと思いました。
  1. 2011/02/24 (木) 11:07
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< EOS Kiss X4 ダブルズームキット | ホーム | 八王子そごう 閉店 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。