<< 小鳩退陣がよかった | ◇ | 聞いたってどうせ忘れるんだから >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2010年06月08日(火) ◇ 地デジ アンテナ MX (PC携帯ゲーム)

 地デジを東京タワーから受信するアンテナを自前で立てる場合、TOKYO MX(20CH)が受信できるかどうかがポイントです。
 以下のリンクのDpaのホームページで、MXを選択して、放送エリアのめやすを確認します。
http://lbs.mapion.co.jp/dpa_b/dpa_block.html?grp=dpa_b&scl=1000000&size=720,500&nl=35/41/11.908&el=139/41/41.582
TMX2.gif
 神奈川方面は川崎市まで、中央線方面は立川市まで、西武線方面は所沢市まで、埼京線方面は、さいたま市まで、常磐線方面は、新松戸まで、千葉方面は、船橋市まで、というのが、概ねのTOKYO MXの(弱電界)エリアです。

 八王子(ひよどり山)には、地デジ(NHK、広域民放、TOKYO MX)中継局があるので、八王子の人はそちらにアンテナを向けるのも一案です。
hachioji2.gif

 また、永山(17CH)鶴川(34CH)にもTOKYO MXの地デジ中継局があり、ごく近所の方は、こちらにアンテナを向ける案もあります。
nagayama2.gif

 下図の青色部分がTOKYO MXのエリア、青色部分と赤色部分が広域民放のエリアです。
MX_WIDE3.gif
 このようにTOKYO MXのエリアは、他の広域民放より狭いです。
 TOKYO MXのエリアの外から、TOKYO MXを受信する時は、14素子のローバンド用パラスタックアンテナ(マスプロ LS14TMH


DXアンテナ UBL-62DA)、


 14素子のパラスタックアンテナでは、DXアンテナ UBL-62DAの重量(1.3kg)が、マスプロ LS14TMH(2.3kg)に比べて軽量です。受信利得は、両方とも20CHで12dBと同等です。両方とも長さは、約1.2mです。

 または、30素子ローバンド用パラスタックアンテナ(マスプロ LS30TMH)を建てる事が考えられます。
 マスプロ LS30TMHは、受信利得は、20CHで、15dB、重さは、約3.8kg、長さは、3mです。


TMH4.gif

 ブースターでは、わずかな改善しか望めませんが、ケーブルが長くなる損失を補う目的で、BU41L1という40dBタイプが、必需品と思います。BU33L1 33dBタイプもあります。

■パラスタックアンテナ(14素子、30素子)とブースターを使ったMXが映る地域の予想
 MXの受信エリア(下地図の青色部分)をちょっと外れた所なら、見通し・地形・高度などの影響は大きくなりますが、14素子のパラスタックアンテナで、TOKYO MXも映ると予想しました。
MX_WIDE3.gif
 各種ブログなどを見た上での感じでは、国道16号の内側ならパラスタックアンテナ(14素子)で受信している記事を見かけました。
 そこから、受信予定地がエリア範囲から2倍離れた辺りまでが、LS-30TMHでもギリギリ狙える範囲かなぁと思いました。長距離受信は、見通し、地形、高度の影響をとても強く受けるでしょうから、一概には言えないと思いますが。

 ※ただし、茨城方面は、20CHに水戸NHKG、18CHに水戸テレ東、の中継局があり、それぞれMX、TVKの地デジと重なるので、30素子のパラスタックアンテナでも難しい様です。
  1. 2010/06/08 (火) 16:18
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 小鳩退陣がよかった | ホーム | 聞いたってどうせ忘れるんだから >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。