<< 今江敏晃 | ◇ | ワールドカップの怖さ >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2006年06月15日(木) ◇ ラグビーサッカーに負けた日 (スポーツ)

 ジーコジャパンが、オーストラリアとの初戦で、1-3で負けた。
 負けた要因、1つは、オーストラリアの戦術にあったと思う。オーストラリアの戦術は、ボールでなく、日本選手の体へのタックルで、日本選手を壊すことだった。中村俊輔が、ももに2度ほどタックルされ、打撲で痛めているし、まるでラグビーのようなタックルが、幾度となく日本の選手の足へ繰り返された。こうやって日本の選手を壊すというラグビー戦術とでもいうべきやり方である。
 豪には、こういうやり方をされたんだけど、選手交代が、それに対応していたかも、疑問が残る。
 後付の理由でなく、柳沢を小野に代えるのなら、壊されていた中村を小野か小笠原に代えるべきだったろう。
 大黒と茂庭を代えたのも、わからない。茂庭は坪井の交代で入ったんだから、まだフレッシュなんで、少なくとも、センターバックでなく、駒野か、サントスと代えるところなんじゃないだろうか。
 要するに、采配のミスが、その後の同点、逆転劇、ダメ押しへとつながっていったと、考えられる。
 采配のミスをどうこう言うつもりはない。ジーコ監督は、優秀な監督だし、日本を決勝トーナメントへと導いてくれると信じている。
 ただ、日本選手の戦い方、体力とか技術とか、基本的な部分では、スコアが物語るように、全く劣っていなかった。
 むしろ、オーストラリアが、日本選手を壊すという一点で、大逆転を狙った戦術にはめられたということだった。
 あと、1点いうと、DF松田直樹を代表に選べなかったこと。これもジーコ采配の限界といえるのだろう。坪井が悪いのではなく、もっといい選手がいるのだから、W杯という舞台に呼んで欲しかった。
 ドイツ戦を見て、2-2に追いつかれて、W杯を迎えて、DF陣に不安が残るまま、松田がいたらなぁと、思って迎えたオーストラリア戦。松田が78kg、宮本が72kg、坪井が67kg。違いがあるとしたらこの体重差、、俊輔は、70kgである。
 この体重差体格差を生かしたラグビーサッカーを仕掛けたヒディング、恐るべし。
  1. 2006/06/15 (木) 14:14
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 今江敏晃 | ホーム | ワールドカップの怖さ >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。