<< ブラウン管 寿命 | ◇ | 工人舎 PM >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

2011年10月15日 ◇ TPPについて

TPPについて 自民党時代からTPP(環太平洋自由貿易)は これから自民党が与党になったら 反対ですか? 先送りですか?次の 民主党と公明党と自民党で結論を出すしかないでしょう。
  1. 2011/10/15(土) 16:37:44 |
  2. URL |
  3. マーシャル #-

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2009年09月08日(火) ◇ 自民党 再建 (考えたこと)

 スーパーモーニングを見てたら、自民党の中で首班指名選挙で誰を書くかで揉めているみたいです。
 あと、自民党再建のために、次の総裁は誰か?みたいな事も話題になってます。

 まず、衆議院選挙では自民党の麻生首相がいいと思った有権者が自民党に投票した訳で、彼らの民意を代表して当選した自民党の衆議院議員さん達は、「麻生 太郎」を首班指名で書くべきです。なんで「白紙」とか、「他の人」と考えるのか理解できません。
 最低限、首班指名までは「麻生さんがいい。」と思って投票した有権者に対して責任を取るべきです。

 あと「自民党 再建」とか、「自民党を立て直す。」とか、小泉ジュニアも言ってましたが、「自民党 再建」に国民は興味ないんじゃないでしょうか。「国民のためにいい政治をする」のが何より大事なことで、自民党がそれにとって必要なツールかどうかは別問題でしょう。
 はっきりと、「自民党 再建」より、「国民のためにいい政治」の方が優先されるべきです。

 「自民党 再建」に拘る事自体、国民のための政治に対する視点が欠落してる様に見えます。
 選挙で負けて政権を失ってもなお、「国民のためにどういう政治をするべきか」という原点に返らないのは、神経が麻痺しているのかと思いました。党の中で権力闘争を繰り広げてるだけ、それが今の自民党かと思いました。
 そんな自民党は再建しようとしまいと、どうでもいいと思いました。
  1. 2009/09/08 (火) 09:15
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

コメント

2011年10月15日 ◇ TPPについて

TPPについて 自民党時代からTPP(環太平洋自由貿易)は これから自民党が与党になったら 反対ですか? 先送りですか?次の 民主党と公明党と自民党で結論を出すしかないでしょう。
  1. 2011/10/15(土) 16:37:44 |
  2. URL |
  3. マーシャル #-

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< ブラウン管 寿命 | ホーム | 工人舎 PM >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。