<< 小林ゆう | ◇ | イーモバイル 100円 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2009年09月04日(金) ◇ 100円パソコン 比較 (PC携帯ゲーム)

 「100円パソコン 比較」というタイトルで記事を作ってみようと思ったので、一応各機種の仕様をちらっと見たんですが、多すぎてまとめきれません。というか、ほとんどの機種は、判で押したように、Atom1.6GHz、メモリ1GB、HDD160GB、1024×600液晶というスペックなので比較する意味がありません。

 なので、管理人の買ったEeePC901-16G につながる2008年のEeePCを、「100円パソコン 比較」してみました。
 EeePC901-16G は、11月発売、Atom1.6GHz、メモリ1GB、SSD16GB、1024×600液晶8.9インチ、バッテリ8.1H。
 EeePC901-X は、6月発売、Atom1.6GHz、メモリ1GB、SSD8GB+8GB、1024×600液晶8.9インチ、バッテリ8.3H
 EeePC900-X は、5月発売、CelM 900MHzメモリ1GBSSD8GB+8GB1024×600液晶8.9インチ、バッテリ4.3H。
 EeePC4G-X は、1月発売、CeleronM 630MHz、メモリ512MB、SSD4GB、800×480液晶、バッテリ3.2H。

 これは、ほぼ同じデザイン・大きさのEeePC100円パソコンが性能を上げていった過程と捉えてます。
 赤字部分は前モデルに比べて進化した部分です。こうやって見ると、Eee PC 901-16Gに向かって数ヶ月毎に確実に性能がアップしたのがわかります。管理人はPCを何年も使うつもりなので、こうやって小刻みに性能が大きく向上している期間は、パソコンは「買い」でないと思います。

 この他に2008年のEeePCは、以下の薄型デザイン重視モデル、HDDモデルもありました。
 EeePC S101 は、11月発売、Atom1.6GHz、メモリ1GB、SSD16GB、1024×600液晶10インチ、バッテリ5H。
  ※デザイン重視の高価格モデルは、なかなか100円パソコンにならないようです。

 EeePC1000H-X は、10月発売、Atom1.6GHz、メモリ1GB、HDD160GB、1024×600液晶10インチ、バッテリ6.9H。
  ※HDDモデルは、SSDに比べて振動に弱いが、大容量です。モバイル用途よりデスク用寄り。

 「100円パソコン 比較」という意味では、高級モデルがデザイン重視に走り出したら「枯れた仕様」という見方もあると思います。で、Eee PC 901-16G は半年以上前のモデルとして在庫処分対象になり、100円パソコンとして安価に手に入るようになったと考えています。

■イーモバイルとドコモの「100円パソコン」では、支払条件が大きく違います。
 「100円パソコン 比較」という意味では、ドコモとイーモバイルの「100円パソコン」では、支払条件が大きく違います。
 別記事の「イーモバイルとドコモの料金比較」をご覧ください。
  1. 2009/09/04 (金) 02:49
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 小林ゆう | ホーム | イーモバイル 100円 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。