<< 蛍光灯のONOFFスイッチ  | ◇ | サルは人間になるの? >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2006年06月10日(土) ◇ PS2のDVDドライブの埃対策 (PC携帯ゲーム)

 PS2のDVDドライブが、読み込まなくなるまでって、意外と短い。もうちょっと何とかならないのかと思う。
 自室には、CDプレーヤ、パイオニア(PD-T04)もあるが、こっちの構造は、光学ピックアップが下向きについていて、埃対策として、かなり強いものになっている。
 こうやって、ピックアップが、下向きになっているだけで、埃対策としては、十分といえる。
 部屋に、PS2が縦置きで置いてあるが、横面は、すぐ埃がたまってしまうし、縦面でも、ちょっとではあるが、埃がたまっている。
 縦面でも、素材によっては、たまらないみたいで、テーブルとか、机、、壁紙なんかには、たまっていないが、ソニーのテレビの縦面にも、埃がついている。指で拭いてみると、そこだけ黒くなるので、よくわかる。
 PSPも、普通に画面を上にして置くと、ピックアップ側が下になる。手前に、UMDカートリッジの開口部が来るので、間違いない。
 こうやって考えてみると、PS2も、ピックアップ部が下に来るように置けないかなと思うが、実際、ピックアップを下にすると、DVDドライブのトレイも下向きになってしまって、DVDが入れられなくなる。
 PS3は、どうかと考えてみると、あれは上に曲面がついてますから、逆さ向きには置けないというか、安定しないでしょう。
 薄小さいのPS2だと、逆に、軽いんで、DVDを入れてから、ひっくり返して、置いておくという事ができると思う。
 PS3に搭載されるブルーレイドライブの耐久性ってどうなんだろうと、考えてみちゃう訳なんです。もし、3年で壊れて、修理に、3万円かかります、っていわれて納得いくんでしょうかと、ビック5年補償を入れたりしても、6年で壊れて、やっぱり3万円かかるって言われそうで、怖いです。
 おもちゃなんですよ、っていえない価格じゃないかと、PS3、それでいて、AV製品としてみちゃうと、耐久性に問題ありかなと、まあ、出ても無い製品に耐久性をうんぬんいうのもどうかと思いますが。
 要するに、埃対策一つとっても、PS3を買うのって、大変なんです。まあ、横置きは不可能でしょうね。できたら、裏返して、ピックアップが埃をかぶらない状態で使いたい。説明書にだって、精密機器ですから、埃などの少ないところでお使いくださいみたいなことが、きっとPS3にも書いてあると思う。なら、設計の段階で、埃対策で、ピックアップが下向きに設置できるように考えて欲しい。ソニー自身は、十分な埃対策をしないで、ユーザーにだけ押し付けているんじゃないでしょうかと、一言言っておきたい。
 いや、何十年も、PS3を使うわけじゃないと思うんです。多分PS4が出てきて、そっちがいいやってなっちゃうと思うんです。それでも、ああ、PS3あったなぁと思って、スイッチ入れてみたら、ブルーレイ読み込みませんでした、ってのは、AV機器としてはどうなのかなと。
 6万7万するものが、3年で使えなくなるのと、10年つかえるのじゃ、1年あたりの単価が、3倍も違う訳じゃないですか。
 そうやって考えてみると、PS3って、とても高いAV機器に見えます。実際うちのオーディオって、20年以上前に買ったプリメインアンプとチューナーと、スピーカーでそれなりにいい音に聞こえます。
 20年持てば、どれも、1年あたりの単価は安くなる訳です。
 PS3は、縦置きでしか使えないし、多分ブルーレイも3年もてば、いいかなと、覚悟を決めないといけないのかなと思っています。
  1. 2006/06/10 (土) 08:43
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 蛍光灯のONOFFスイッチ  | ホーム | サルは人間になるの? >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。