<< 100円パソコン ドコモ | ◇ | 加藤清史郎 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2009年08月24日(月) ◇ ケーブルテレビ解約 (PC携帯ゲーム)

 ケーブルテレビを解約したい人が、うちの家族の知り合いにいるらしいです。うちはちなみに、アナアナ変換でUHFアンテナを新規に立ててもらったりと、ずーっと地上波アナログです。

 うちの家族が言うには、そのケーブルテレビを解約したい人は、「地域の番組なんて見ないし、普通のテレビを見るくらいなのに、毎月3,800円をケーブルテレビに払うのは、もったいない。『アンテナがないからいいですよ。』って言われて加入したんだけど。今はアンテナを立ててもらう相談をしに電気店に行って、でもケーブルテレビを解約しない?って旦那に相談したら面倒くさいからこのままでいいって言われてる。」らしいです。

 うーん難しいケースですね。そもそも地上波テレビがきちんと映る地域なのに、うちの近所では屋根上のVHFアンテナを撤去させてケーブルテレビに加入させた家がたくさんあります。
 そんなうちの旦那さんを奥さんが納得させるっていうのは、難しそうです。大体、ちょっとわかってる旦那なら月に3,800円も払って、ケーブルテレビを見ようなんて思わないでしょうから。
 手順的には、「その人が電気屋と相談してテレビアンテナを立てて配線してもらってから、ケーブルテレビを解約すればいいんじゃない?。」とうちの家族には話しました。

 ケーブルテレビに払う月に3,800円って、年にすると、45,600円。10年にすると、45万6千円にもなるんです。そりゃテレビが映らなくなれば、電話一本でほほいとケーブルテレビ会社の人がニコニコ笑顔で直しに飛んできます。いいお客さまだもの。
 普通に考えれば、アンテナを立てて2万円位。配線トラブルとかで年に一回テレビが映らなくなって地域の電気屋さんに来てもらっても、10年スパンで見ればアンテナを立てて地上波を受信した方が安いに決まってます。

 こう考えればいいのかなぁ、それだけテレビに払うお金があるんだったら、家族で旅行にでもいけるし、その方がずっといいですみたいな事かな。どっちにしても、ケーブルテレビを解約するには、ケーブルテレビを入れた旦那の面子を立ててあげる事が大事なんだろうなと思ったのでした。

 こんな話を、うちの家族としてたら、「なんで屋根上のアンテナってあんなに(マストが)高いの?。」という質問があったので、「それは、倒れやすくするためだよ。うちなんて山の上にあるんだし、屋根の上から、1mそこら高くしたって映りがさほど変わるわけじゃないしね。地デジになったらなおさらだしね。個人が自分でメンテナンスするアンテナだったら、2階のベランダにポールを立てて、BSアンテナの隣に設置すれば、梯子もいらないしね。」と答えました。
 「適当に強い風が吹いたら、アンテナが倒れるようにしておかないと次立てられないジャン。アンテナを立てる業者だって考えるのよ、そこは。」などと、思いついた話をペラペラと適当に話したのでした。

 こういう記事に、「ケーブルテレビ 解約」、「ケーブルテレビを解約」などの検索ワードで来る方がいるのでしょうか。ぐだぐだと、そんな「ケーブルテレビ解約」にまつわる話をしました。
  1. 2009/08/24 (月) 16:36
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 100円パソコン ドコモ | ホーム | 加藤清史郎 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。