<< 待受に無料通話分の残りを常に表示できないか | ◇ | ノートパソコンの放熱 >>

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



2009年05月25日(月) ◇ パケホーダイダブル 490円 (PC携帯ゲーム)

 ドコモの料金に対する不満・要望を書いてみたいと思います。
 パケホーダイダブルに入ると、無料通話分がパケット代の支払いに使えなくなるのが不満です。
 また、パケホーダイの定額(4095円)と比べて、パケホーダイダブルの上限(4410円税込)は高いので、パケホーダイの新規加入をさせなくしたのは、新規のパケットヘビーユーザに対する料金値上げになってます。

■パケホーダイダブルの下限料金を下げても、値下げの効果はあるのか?
 パケホーダイダブルの下限料金が490円(税込)に下がりましたが、ライトなパケットユーザ(待受けだけで普通パケ代1000円前後)が、タイプSS バリュー(1000円分無料通話)を使っていて、それでもパケットの使い過ぎが不安だから、パケホーダイダブルに加入しておこうとすると、パケホーダイダブルの下限料金(490円税込)の負担増に加えて、1000円の無料通話分がパケ代の支払いに使えなくなるので、下限料金を超えたパケ代(1000円の無料通話分で補填されてた部分)も支払う事になり、実質1000円の負担増になります。
 ライトなパケットユーザ(待受けだけで普通パケ代1000円前後)にとっては、パケホーダイダブルに入ると、料金が(およそ倍に)増える短所と、使い過ぎた場合の上限が決まる長所がある事になります。

 パケホーダイダブルに入るとパケ代の上限が決まるメリットがあるので 何メガバイトダウンロードしても、一定の支払に納まるのは有利でしょう。
 パケホーダイダブルに入ると、無料通話分をパケ代に使えなくなるデメリットもあり、パケ代を無料通話分から支払い、通話で無料通話分を消費しない場合、無料通話分がパケ代に使えなくなるデメリットは大きく不満も多いでしょう。

■ドコモの料金に対する不満・要望
 ドコモの料金に対する不満・要望を言うと、「パケホーダイダブルに入っても、無料通話分をパケット代の支払いに使えるようにして欲しい。」と思います。また、「パケホーダイダブルの上限料金を下げて欲しい。」と思います。
 パケット通信、i-modeは確かに便利ですが、今のパケット料金はまだ随分高いと思います。見直す点があるんじゃないかと思いました。
  1. 2009/05/25 (月) 12:24
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 待受に無料通話分の残りを常に表示できないか | ホーム | ノートパソコンの放熱 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。