<< 朝比奈みくる | ◇ | 走れメロスの感想文 >>

2009年05月09日(土) ◇ ふわふわ時間 (アニメ、声優)

 「けいおん!」の6話。学園祭のステージ上で「ふわふわ時間」を演奏した後、ベースのコードに引っかかって倒れた澪のパンチラシーンが、ご飯一杯のどんぶり(水色と白の横縞模様)に挿し替わっていました。
 原作では、澪のパンツが映っている絵だったようです。

 で、「DVD、ブルーレイでは、澪のパンチラは、原作通りに挿し替わっている」と予想します。
 理由は、「けいおん!」の収益構造と深く関わっている、という事です。

 TBSテレビ「けいおん!」のスポンサーは、ポニーキャニオン(CD、DVD、ブルーレイの販売元)と、芳文社(原作マンガの出版社)という事で、この2社が儲けるのは、「けいおん!」の関連商品(CD、DVD、ブルーレイ、マンガ)です。なので、テレビは、その為の広告媒体という事になります。
 テレビ放送のスポンサーに一般企業が一切絡んでいないので、テレビ視聴率は直接収益に関係なくて、「けいおん!」の関連商品の売上で、「けいおん!」のアニメ制作費をペイしなければならないという事です。
 「けいおん!」の動画がYoutubeに3分割されてアップされていますが、これも、テレビ放映の目的が視聴率でなく、「けいおん!」の認知度を上げて関連商品の売上を伸ばすためと考えると理解できます。視聴率が目的なら、削除依頼されてるはずです。

 「けいおん!」5、6話の一番美味しい「パンチラ」部分は、DVD、ブルーレイで見てね。というのは、DVD、ブルーレイの売上を伸ばすために、大いに意味のある戦略と思うのです。amazonで見たら、「けいおん!」のDVDは、7月発売の1巻から7巻まで、毎月発売予定で、1巻4000円から5000円するそうです。これ、1万枚売れると、4000万円。10万枚だと、4億円か。
 一体、20分アニメ2話で、いくら制作費が掛かっているのかわかりませんが、ポニーキャニオンとしては、最低限アニメ制作費をペイできるだけの関連商品売上が必要になります。

 そうやって見ると、「けいおん!」のCDが、2枚別に発売されてるのも、1枚にまとめるより、枚数が倍になり、売上も倍増という事でしょう。CDが10万枚売れれば、1枚なら、およそ1億円。2枚なら2億円と、1億円違いますから。こうやって見ると、「けいおん!」のCDがオリコン何位っていうのは、好調なスタートといえるでしょう。

 今見たら、桜高軽音部3枚目のシングル、「ふわふわ時間」が、amazonの音楽の1位でした。というか、音楽の123位全部「けいおん!」のシングルだし、すごいな。テレビ・Youtubeで見れるわけですから、ファンの方は「けいおん!」を、お金を払って応援したいという事なのでしょうか。「けいおん!」とか「ふわふわ時間」について、ブログを書いていて思いますが、「けいおん!」とか「ふわふわ時間」の様ないい作品はブログで応援したくなると思いました。


  1. 2009/05/09 (土) 11:25
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


(パスワードを入力することで、書き込みにトリップが表示され、なりすましを防ぐことができます。)
管理者にだけ表示を許可する



<< 朝比奈みくる | ホーム | 走れメロスの感想文 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads